親友が再婚することになったんだけど、お祝いをどうすればいいか迷ってるの…。

 

再婚の場合のお祝い、お金にするのかプレゼントにするのか迷うこともありますよね。

結婚式を挙げるのか、入籍だけなのかによってもかわってきます。

またお祝いを贈る相手との関係性によっても違いは出てきますね。

 

お祝いの気持ちに変わりはないのですが、再婚の場合のお祝いはいったいどんな風にすればよいのだろう?

こんな悩みを持っている人も多いと思いのではないでしょうか。

 

私は、再婚する人の結婚式・披露宴に出席したことや結婚式や披露宴を行わなかった人に、プレゼントを贈った経験があります。

私の経験談も含め、今回は

  • 再婚のお祝いの相場
  • 入籍だけの場合の対応
  • 現金以外のプレゼントのオススメ

について紹介していきますね。

スポンサーリンク

再婚のお祝いの相場は?

まず最初に確認しておきたいのは、結婚式を挙げるのかどうか。

お祝いを贈るとき、

  • 結婚式に招待された場合
  • 入籍だけの場合

の2パターンで対応もかわってきます。

1つずつ説明していきますね。

結婚式に招待された場合

結婚式に招待された場合はご祝儀を渡します。

その場合、

 

一般的には、初婚も再婚もお祝い金は同じ額だといわれています。

 

お祝いに1回目も2回目も差はないとされる理由からです。

 

saikon

 

 同じ人から2回目の結婚式に呼ばれた場合、同じ額を包むと出費がかさんでしまいますよね?

 

私は、実際に身内の再婚の結婚式に出席したことがあるのですが、周囲と話をしてみんなが1回目と同額のお祝いを包むということになり、私も同額にしました。

 

再婚の場合は、周囲と意見を合わせるということが大切ですよね。

 

自分だけ少ない金額でも良くないですし、多い金額を包むのも・・・。

結婚式のお祝い金は、一般的には初婚も再婚も自分の年齢や新郎新婦との関係性などで金額の相場が決まっているといわれます。

 

年代別のお祝い金の額について紹介しますね。
自分が20歳代の場合
  • 友人へ 2~3万円
  • 兄弟へ 5万円
  • 親戚関係へ 5万円
  • 会社関係へ 2~3万円

学生の場合や社会人になりたてという場合は、友人に対して2万円となっても恥ずかしくはありません。

自分が30~40歳代の場合
  • 友人へ 3万円
  • 兄弟へ 5~10万円
  • 親戚関係へ 3~10万円
  • 会社関係へ 3万円

親戚関係では、夫婦で出席する場合や関係性で金額の相場が変動する場合もあるようです。

会社関係では、上司・同僚・後輩などの立場を問わず、3万円と考えておくとよいでしょう。

自分が50歳代の場合
  • 友人へ 3万円
  • 兄弟へ 7~10万円
  • 親戚関係へ 5~10万円
  • 会社関係へ 3万円(部下に対しては5万のこともある)

とくに可愛がっている部下に対して、5万円のお祝いをする場合や自分が幹部クラス・社長といった場合で、部下の子供の結婚式へ出席した場合、5万円とすることもあります。

 

他にどのようなことに注意したらよいですか?
「4」や「9」などの死や苦など、悪いイメージのある数字を避けることが大切ですよね。

 

お祝い金は奇数が基本とされおり、割り切れる金額は、『別れる』を想像させるため良くないとされていましたが、最近はお札の枚数を奇数に工夫するなどしてお祝い金を包むこともあります。

入籍だけの場合

saikon2

入籍だけの場合は、

  • お祝い金のみを贈る
  • お祝い金+プレゼントを贈る
  • プレゼントを贈る

上記の3つが考えられます。

 

結婚式を挙げない場合のお祝いは、相場金額の半額かそれよりも少ない金額でよいといわれています。

 

なぜ半額程度でいいかというと…結婚式のご祝儀は、式への参加費用や披露宴の食事代が含まれているから!

入籍だけの場合も金額に見合ったご祝儀袋に入れて、直接手渡しするようにしましょう。

遠方の場合や、どうしても都合がつかない時は現金書留にご祝儀袋を入れて、送ってもOK!

その際は一言でもメッセージを添えましょう。

 

半額程度でいいなら何かプレゼントも贈ろうかな。
どんな品物がいいのかな。
次の章でオススメのプレゼントについて紹介しますね。

再婚のお祝いのプレゼントでオススメは?

プレゼントのみ渡す場合のオススメは、なんといっても商品券です。

現金と同じくらいの価値がありますし、使い道が自由とされる理由がよく聞かれていますね。

私も、好みの物を買ってくださいなどのメッセージを添えて、実際にプレゼントとして渡しました。

 

相手の好みなどがわからない場合など、迷うことがないのでオススメです。

 

他にはどのようなものがありますか?
相手の欲しいものを聞くという方法をとることもできますよね。

 

私の職場の同僚が再婚したときには、炊飯器が欲しいとのリクエストだったので、機能やデザインなど気に入ってくれそうなものをプレゼントに選びました。

持っているものが重なったり、好みのものでなかった場合のことなどの心配が少なくて、よい方法だと感じます。

 

聞きづらいこともありますよね?
そうですね、よくプレゼントされているものを紹介しますね。

 

結婚祝いのプレゼントとしては、

  • 生活をワンランクアップさせてくれるようなもの
  • 自分ではなかなか手を出さないようなもの
  • すぐに使えるもの

が喜ばれるポイントです。

生活をワンランンクアップさせてくれるもの

saikon4

  • 高級タオル
  • グラス
  • ホーロー鍋

など、キッチン用品が上位をしめています。

自分ではなかなか手を出さないもの

saikon5

 

  • 浄水器
  • 布団クリーナー
  • 美顔器

など、家電製品が喜ばれるようです。

すぐに使えるもの

saikon6

 

  • 茶碗や箸、ランチョンマット
  • 電気ケトル
  • 高級グルメ

など、贈る側も贈りやすいものが挙げられています。

プレゼントは、相手のことを想い選ぶと気持ちが伝わりますよね。

まとめ

今回のポイントは、以下の6つです。

 

  • 再婚のお祝いは、結婚式に招待されているか、入籍だけの場合かによって違いがある
  • 再婚のときも初婚と同じご祝儀が望ましい
  • 年齢別にお祝い金の相場がある
  • 式を挙げない場合は、相場額の半額程度をお祝いとする
  • 商品券もオススメ
  • プレゼントを贈る場合は、
    • 生活をランクアップさせてくれるもの
    • 自分では手を出さないもの
    • すぐに使えるもの

 

お互いに再婚か、新郎新婦のどちらかが再婚かなど状況はさまざまなことが考えられますが、どんな場合においても結婚は人生の門出であり、相手のことを想いお祝いを行います。

お祝い金を贈ったり、プレゼントしたりと、初婚も再婚も同じように祝うことが大切ということですね。

スポンサーリンク

関連記事はこちら!