passport Eye-catching image

 

パスポートの期限を確認しようと思ったら、置いてあったはずのところにないんです!

どうしたらいいでしょうか?

それは大変です!

盗難ですか?

いえ・・・。

たぶん保管したところを、間違って記憶しているだけのような気がします・・・。

 

日頃からパスポートを持ち歩く人は少ないですよね。

私も引っ越しの際、実家に預けた事を忘れてしまっていて「ない!ない!」

と、大騒ぎしたことを覚えています。

生活の中でいつも使うものではないだけに、つい後回しの管理になってしまっていました。

ただ、パスポートもどんなかたちで悪用されるかもしれませんので、本当になくしてしまったと気が付いた時には、すぐに手続きに取り掛かることをオススメします。

それでは、パスポート紛失について

  • 紛失したらまずどうするのか
  • 再発行できるのか
  • 海外で紛失した場合

について、ご説明していきます。

スポンサーリンク

パスポートを紛失したらまずどうする?

どうしても見つからない場合、まず、どうすればいいですか?

パスポートは紛失した場所・理由によって届け出るところが違います。

passpoet

  • 家の中で紛失・謝って破棄してしまった場合
  • 火事・災害で紛失した場合
  • 盗難による紛失の場合

があります。

それぞれについてご説明いたします。

家の中で紛失・謝って破棄してしまった場合

近くの警察署へ届け、遺失届出証明書を発行してもらうか、遺失届の受理番号を聞いておく。

火事・災害で紛失した場合

消防署または市区町へ届け、罹災証明書を発行してもらう。

盗難による紛失の場合

近くの警察署へ届け、盗難届出証明書を発行してもらうか、盗難届の受理番号聞いておく。

とにかく、すぐに届け出ることが大切です。

まず、届けておくことで悪用を防ぐことが出来ます。

この書類は紛失手続きの際にも必要になります。

そうですね。

とりあえず、紛失届出してくださいね。

警察・消防署・市区町で届を済ませたら、旅券センターの窓口にて、パスポートの失効手続きをします。

パスポート失効手続きに必要な書類
  • 紛失届一般旅券届出書(窓口に有)1枚
  • 写真(6か月以内のもの)1枚
  • 紛失立証書類(警察署・消防署・市区町で発行のもの)
  • 本人確認書類(免許証のみ単独確認可・その他保険証、年金手帳等は2つ以上必要)

 

その他、特別に書類を用意しなければならない場合もあります。

特別な場合に必要な書類
  • 住民基本台帳システムネットワークの利用を希望しない人、住民登録してある市以外での申請を行う人は、『住民票』が必要。
  • 届け出る人が未成年の際には、代理人の署名が必要。旅券紛失届同意書という用紙を窓口にて受け取り署名する。

旅券センターを訪れる際に注意するべきことは

  • 旅券センターへの申請は、紛失した本人が行くことが原則。
  • 代理申請は不可。
  • 未成年・乳幼児の場合でも、必ず本人が保護者とともに行くこと。

のように、とにかく本人でなければ手続きできないということになります。

スポンサーリンク

パスポートの再発行はできる?

紛失届を出した後は、すぐ再発行できますか?

パスポートを紛失した場合には、再発行ではなく新規申請となります。

そのため以下の書類が必要になります。

新規申請に必要な書類

  • 新規発給申請書(窓口に有)1枚
  • 戸籍謄本 1枚
  • 写真(4.5cm×3.5cm) 1枚

新規申請から約10日前後で受け取ることが出来ます。

todokederu

早く届くといいですね。

関連記事→クレジットカードを紛失したら悪用されないためには?再発行できる?

海外でパスポートを紛失した場合はどうする?

海外でもしパスポートを失くしたら・・・って考えると、とっても恐いですね。

でも、ありえない話ではないですよ。

盗難なども考えられますから。

そうですよね。

まずどうしたらいいのか、知っておくことも大切ですね。

loss

  1. 現地の警察へ行き、国内の場合と同じく、紛失したことを届け出た証明書を発行してもらう
  2. 現地の日本大使館へ行き、紛失一般旅券届出書(窓口に有)を提出
  3. 日本大使館に紛失立証届・写真・国籍確認書類を提示

これらの手続きによりパスポートは失効となります。

syorui

盗難の場合偽造不正利用される可能性がありますので、直ちに届けましょう。

関連記事→携帯を紛失したら警察に行く?!どう探せばいい?

失効手続き後の海外における申請方法

現地の大使館にて

  • 新規パスポート申請
  • 渡航書の申請

の2つの方法があります。

  • 新規申請の場合は、一般旅券発給申請書・写真・戸籍謄本(抄本)が必要。
  • 渡航書申請の場合は、運転免許証・国籍確認書類が必要。

(渡航書とは、日本に帰国するための目的で発行されるパスポートの代用書類)

海外で新規申請または渡航書が発行される日数

大使館員が顔と名前が一致する既知の人物(皇族、外務省官僚や代議士など)以外、即日発効はありません

新規申請する場合も渡航書を発行してもらう場合も、発行所要時間は、各在外公館がどのくらい業務を抱えているかで大きく変わり、ケースバイケースといえます。

海外でのパスポート取り扱いで心掛けておくこと

  • パスポート番号・発行日をメモしておく
  • 身分証明できるものを持っておく
  • 身分証明書とパスポートは別に管理する
  • 盗難に気を付ける

国内で新規申請ですね。

https://twitter.com/nct_erii/status/786908793510645761

そうですね。

なにがあるかわかりませんから、用意はしておく方がいいですね。

最後に

  • パスポートを紛失したら、警察にすぐに届ける
  • 紛失とどけは旅券窓口で本人が手続きする
  • 再発行ではなく、新規申請となり、10日前後かかる
  • 海外での紛失も警察・現地大使館にて出来るだけ早く手続きを行う

 

パスポートは海外では命の次に大切と言われますね。

海外では肌身離さず、細心の注意で管理したいものです。

国内でも大切な書類には変わりありません。

海外旅行・出張からお帰りの際は確実に保管してください。

スポンサーリンク

関連記事はこちら!