Costco Eye-catching image

 

コストコの肉というと、大量にあるから食べきれないと思っていませんか?

コストコ会員になったものの、肉の量に圧倒され、躊躇しちゃうんですよね。
コストコの肉は、塊で買うのがオススメですよ。
どうして?

切ってある肉の方が使いやすいんじゃないの?

もちろん、切ってある肉も使い勝手が良いんですが、1つの種類の肉でレパートリーが少なく使い切れるか心配という方には塊がオススメなんです。
え〜、なんで〜、その理由を知りたい!

そして買ってみたい♪

 

今回は、「今まで肉に手が出なかった」という方に向け、コストコの塊肉を買ってみようという気持ちになっちゃう、買うならコレ!というポイントを教えちゃいます。

  • 塊がオススメな理由
  • オススメな肉
  • アレンジ方法

と、気になる情報をご紹介します。

ぜひ、これを見てコストコに行ってください。

スポンサーリンク

コストコの肉は塊がオススメ!その理由は?

コストコの肉は、その種類も豊富!

その中には、塊肉切ってある肉加工してある肉があります。

中でも私は塊肉がオススメなんですが、それは・・・加工の工賃が含まれていないので、切ったり加工された肉よりも安くお得なんです。

し・か・し、それぞれの肉にはメリット・デメリットがあるので、ご説明します。

塊肉のメリット・デメリット

まずはメリットからご説明します。
メリット
  • 安い
  • 自由な形に切れるので使い勝手自由
  • 切り方が違うとアレンジが効きやすい
デメリット
  • 切るのが面倒
  • 切れる包丁じゃないと、切りにくい
  • 切り方を失敗すると、ボロボロに

切った肉のメリット・デメリット

続いて、切ってある肉について。

メリット
  • 使いやすい
  • 火が通りやすい
デメリット
  • 料理のレパートリーがワンパターンに
  • 飽きてくる

加工肉のメリット・デメリット

最後に、最初から加工されてる肉について。

https://twitter.com/gotu_totu_kotu/status/811165398615793664

メリット
  • すぐ使える
  • メニューを考えるのが簡単
  • 料理が苦手な人でも使いやすい
デメリット
  • 飽きる
  • 残る

これらのメリット・デメリットを踏まえると、まずは値段がお得なのもが「買ってみたい」につながるポイントですが、飽きずに食べられるのも重要ですよね。

せっかく大量の肉を買ったのに、食べきれずに腐らしてしまうと、安く買った意味がありません。

保存方法

コストコの肉は、パーティーでもない限り小分けにして保存し、ちょっとずつ使うのがお得に活用するポイントなんです。

meet-6

meet-7

このように、同じ形に切るのではなく、厚み・切り方を変えて様々な料理に使えるように切るのがポイントです。

meet-8

切ったら、それぞれ袋に分けて冷凍します。

ジップロックに入れて、何の料理に使うのか書いて保存しておくと、なお分かりやすく使い勝手もよいですよ。

この安い・飽きないポイントを満たすものが塊肉なんです!

スポンサーリンク

コストコのオススメ塊肉3選!

では、実際にオススメな塊肉をご紹介していきましょう。

まずは鶏肉のオススメはこちら。

鶏胸肉(さくらどり胸肉)

meet

鶏胸肉が4つに分けてパックされ、それぞれ1・2枚の大きな塊として入っています。

豚肉(ボンレスポーク)

meet-5

900円台から1,000円台後半のものまで、大きさにバラつきはありますが、比較的少量なんじゃないかと見た目には思いますが、切ってみると様々な仕様にできるため使い勝手が良いんです。

その他にも、豚肉は比較的安く、買いやすい値段でたくさん種類がありますよ

牛肉(肩ロース)

meet-2

その肉の大きさに圧倒されます。

このままジューッと焼いたらアメリカの豪快なバーベキューみたいと感じますが、日本の家庭でなかなかこの肉を調理するのは難しく感じますよね。

でも、様々な大きさに小分けすることで、色々な料理にアレンジが効くんです。

スポンサーリンク

塊肉でアレンジメニュー

鶏肉・豚肉・牛肉と分け、オススメなメニューをご紹介します。

鶏肉メニュー

大きな1枚肉が入っているので、鶏ハムにしちゃうという方も多いと思いますが、私のオススメはナゲットです。

挽肉だと細かすぎて食感が楽しめないものの、塊肉を自分の好みに合わせて挽肉にすることで食感が残り、食べ応えあるナゲットができるんです。

しかも、量がある塊肉!

たくさん作っておいて、冷凍保存しておくと、お弁当メニューとしても活躍しますし、普通に食べても餡を作って味にアレンジを加えることもできます。

作り方
  1. 肉(1パック)を適当な大きさに切る
  2. フードプロセッサーにかける
  3. 適当な大きさになったら止める(細かくしすぎないのがポイントなので、包丁で細かくしてもok)
  4. 生姜(小さじ1)・酒・醤油・みりんを入れる(各大さじ1)
  5. 水切りした豆腐を入れて、混ぜる
  6. つくねを作る要領で、スプーンで一口大ずつ取り、片栗粉の上に落とす
  7. 片栗粉をまぶしたら、揚げる

豆腐を入れることで、柔らかいふわふわのナゲットができます。

豚肉

薄切りにして炒め物に、分厚目に切ってポークステーキにしたり、とんかつにしても良いですが・・・私のオススメは角切り!

角切りにすると酢豚にしたり、カレーに入れてもオススメですが・・・

こんなヘルシーメニューにも変身します。
作り方
  1. 角切りにした肉(サイコロ状)に塩コショウをまぶす
  2. 軽く片栗粉を振る
  3. しっかり焼く
  4. レタス・トマト・アボガド・を食べやすい大きさに切っておく
  5. 4に3の肉を混ぜる
  6. シーザーサラダドレッシングをかけてあえる

ちょっと肉に飽きてきたなという時に、簡単にできるアレンジメニューです。

ドレッシングを玉ねぎドレッシングに変え、ご飯の上に乗せ、さらにその上に温泉卵を乗せるのもオススメです。

牛肉

そのまま厚切りに切ってステーキにしたり、薄切りにしてカレーにしたりしても良いんですが・・・

やっぱりせっかくの塊肉なので、ローストビーフにしなくちゃもったいない!
作り方
  1. 肉(300g)をさっと洗って、水気をしっかり拭き取る
  2. 塩コショウを振る
  3. サラダ油を引いて、表面をしっかり焼き目がつくまで焼く
  4. 炊飯器にぬるま湯を3カップ入れる
  5. 肉を入れて、保温にする
  6. 15分〜20分たったら取り出す
  7. 醤油(50ml)・みりん(大さじ1)・酢(大さじ1)・大根おろし(大さじ2)をレンジでチン
  8. 肉が冷えたら切る
  9. 切った肉に、7のソースをかける

これぞ塊肉の醍醐味!

簡単に作れるローストビーフの完成です。

今回はさっぱりめなソースでしたが、お好みな味にアレンジすることで、色んな味を楽しめます。

関連記事

最後に

  • コストコの塊肉は、切る手間が省かれているので、その分安い
  • 塊肉は、様々な大きさに切って、料理のアレンジが効きやすい
  • 大量の飽きがちな肉は、切り方を変え、アレンジすることで余すことなく使える

いかがでしたでしょうか?

ちなみに私は、最近肉以外にもこんなものを購入しました。

costoco

costoco-2

costoco-3

行くたびに、値引きとなってる商品も異なり、季節商品も多くあるので、飽きないんですよね。

ぜひ、コストコに行って、今までに買ったことのなかった塊肉にも挑戦してみてくださいね。

スポンサーリンク

関連記事はこちら!