30代、40代になってくるとどうしても増えてきてしまうシミ。

レーザーで綺麗に取ってしまいたいけれど、痛みや副作用が気になって治療を迷われている人も多いのではないでしょうか。

ひとえにシミと言っても、その種類や大きさによってレーザーでも取りきれないシミもあるようです。

そこで今回は、レーザーでのシミ治療について、その効果や痛み、費用などについてお話しますね。

スポンサーリンク

レーザーでのシミ治療、効くシミ、効かないシミってある?

face-863663_640
シミと言ってもその種類は多様ですので、治療ではシミの種類にあったアプローチが必要となってきます。
レーザー治療で効果の期待できるシミや、効かないシミがありますので、代表的なものをご紹介しますね。

①老人性色素斑(日光性色素斑)

シミの中では一番多いタイプです。

早ければ30代から、多くは40代以降に、顔や手、背中、腕など、紫外線の当たるとこならどこにでもできる、茶色い色素斑です。

このシミは、最もレーザー治療効果の望めるシミで、取れやすいのが特徴です。

②雀卵斑(ソバカス)

小さい子どもや白人に多くみられ、遺伝的に発生することの多い、いわゆる“ソバカス”です。

レーザーで一時的に取り除くことができても、紫外線の影響で再発したり濃くなったりする可能性が高いです。

③脂漏性角化症(老人性イボ)

30代以降の男女の顔や体にできることが多く、角質細胞の増殖により、イボのように膨らんだシミです。

このシミも除去可能

④肝斑(かんぱん)

30代を過ぎた頃から出始める肝斑

肝斑もシミのひとつで、目の周囲を除いた頬の高い位置や、額などに左右対称で現れます

原因は様々ありますが、妊娠や出産などによる女性ホルモンの乱れやストレス、ピルの影響、肝機能障害、紫外線などが挙げられます。
60歳以降になると症状が軽くなるのも特徴です。

残念ながらレーザー治療でなかなか効果が期待できないのが、この肝斑です。

他のシミに比べ治療時間も手間もかかる厄介なシミで、根気よく治療を続ける必要があります。

スポンサーリンク

レーザーでのシミ治療、痛みはある?

8e59eb4aa29ce1b551b409bed0416068_s
レーザー治療で気になるのは、やはり痛みを伴うかどうかですね。

レーザーが照射されている時間はとても短いので、ほとんどの人が痛みなく治療を受けられるそうです。
痛みがあっても、皮膚を輪ゴムでパチンと弾いたような感覚だと思ってください。

人によって痛くて我慢できない場合は、厚労省が承認したペンレステープという貼るタイプの麻酔剤もあるので、心配はなさそうです。

レーザーでのシミ治療、期間と費用は?

e46d94f9e4f90fe0d87dd78277f043bd_s
店舗にもよりますが、おおよそ相場としては、1cm²で30,000円程度のようです。

シミが薄かったり、できてまだ年数の経っていないものは、一回でほとんど取れてしまうようですが、濃いものは数回の治療が必要となってきます。

何度も通うと、それなりに費用はかさんできそうですね。

レーザーでのシミ治療の注意点とは?

803647cd35396f52014ee7dd299c1a77_s
強いレーザー治療の場合は、治療部位のみ約1週間は化粧ができません
光治療の場合は、治療直後から化粧ができるので、店舗に相談してみるのがいいと思います。

また妊娠中でもレーザーでのシミ治療は可能ですが、妊婦さんは黄体ホルモンの関係で普通よりもシミが出やすく、痛みにも敏感なため、できれば出産後の治療が望ましいです。

最後に

年を重ねるにつれ、化粧では隠しきれないシミが出てきて、女性なら誰でも気になりますね。
私も切実にそのひとりです。(笑)

治療の際に出血したり、傷跡が残ることはないようですし、レーザー光線は放射線などとはちがうため、ガンになったと言う報告もないそうです。

残念ながら肝斑には不向きと言えそうですが、安全面は問題ないようなので、気になる方は相談してみてもいいと思います。

by lulemon

スポンサーリンク

関連記事はこちら!