めんたいパーク神戸三田は、無料で見学可能な明太子工場や工場直売店に加え、楽しみながら親子で明太子について学べる「めんたいランド」など、お子さんから大人まで楽しめるユニークな施設となっています。

今までに行った事の無いテーマパークの種類ですので、一体どれほど楽しめるのか興味があります。そこで今回は、このめんたいパーク神戸三田の魅力を探り、情報をお伝えします。

スポンサーリンク

めんたいパーク神戸三田ってこんなスポット!基本情報

Mentaiko

めんたいパーク神戸三田は、明太子の老舗として福岡に本拠地を置くかねふくが運営する明太子に関するテーマパークです。

ここでは、明太子の魅了を工場見学直売店めんたいランドを通して楽しく体感できる工夫が沢山です。

また、フードコーナーにおいては、出来立ての大きな明太おにぎりや他では味わえない明太ソフトクリームなどの明太グルメをお楽しみいただけます。

 

動画もどうぞ

 

 

 

 

基本情報

住所:兵庫県神戸市北区赤松台1-7-1

電話:078-986-1137

営業時間:9:00〜18:00、年中無休

工場稼働時間:9:00〜17:00
*状況により稼働時間が変更になる場合もあります。

入場料金: 無料(一部有料)

アクセス:

  • JR三田から巡回バスで約20分
  • 中国自動車道 神戸三田ICから約4分
  • 六甲北有料道路 長尾ランプから約4分

駐車料金:無料(普通車200台、大型バス16台)

 

スポンサーリンク

めんたいパーク神戸三田の工場見学、予約は必要?

予約は必要でしょうか?
個人の場合は予約は不要です。

しかし、団体での予約を希望される場合はホームページより予約する必要があります。

→http://mentai-park.com/park/kobe/reserve/

 

PC (2)

関連記事)奈良の谷瀬の吊り橋は日本一!アクセス方法は?

めんたいパーク神戸三田の口コミは?

Smartphone

「めんたいランド」は、料金がかかりますが、特別なお土産がついていたり、めんたいパークのオリジナルお菓子などのクレーンゲームが出来るメダルがついていたので、お得感がありました。

明太子の知識が増えるクイズが出来たり、小さい子供でも楽しめる遊びもあるので思った以上に楽しめましたし、フードコートで買える、大きい明太子おにぎりも最高でした!

 

3月のオープン当初は凄い人だったようですが、7月の土日に訪れたときは行列はできていませんでした。試試食の明太子、とてもおいしかったです。デパートなどの試食と違ってとても大きくカットされているので、味や食感、つぶつぶ感、納得の味だと思います。

 

出来立ての明太子が無料で試食!あとオープンキッチン内で作られている、ジャンボおにぎりはかなり大きく、中身もギッシリ詰まってました。作り置きでは、めんたいこ+紅鮭、天然紅鮭、自家製たらこと具材も豊富で、かなり迷うことに。

お昼ぐらいには、試食も、フードコートもかなりの行列が出来るので、早めに到着して、先にフードコートへ行きあとから工場見学や、直売店をゆっくり散策して下さい。

 

関連記事)串本海中公園のチケットに割引はある?口コミは?

めんたいパーク神戸三田の楽しみ方は?

Smile

 

めんたいパーク神戸三田でのお楽しみどころをご紹介しますね。

 

めんたいパーク初の「めんたいランド」!

こちらは有料の施設となりますが、めんたいパークの限定のお土産も貰えるようで、なかなかの人気となっています。

お子さんが喜びそうな面白い仕掛けのお遊び空間や愛らしいキャラクターが繰り広げる3Dシアターなどが楽しめます。

料金
  • 大人:800円
  • 子供:600円

 

明太子の工場見学!

ここでは明太子の製造工程を見学でき、明太子に関する知識を楽しく深めることが出来ますよ。
無料な点も嬉しいですね。

工場直販店!

ここでしか購入できない、出来たてで新鮮な明太子やかねふくの豊富な商品から吟味して選ぶ事もできるのは嬉しいですね。

ちなみに、一般的な明太子は、工場から冷凍した状態で出荷され、販売先で解凍したものがほとんどですが、ここでは、工場で出来たそのままの状態+当日出来上がったものなので、その味わいも格別だそうですよ!

試食コーナー!

出来たての明太子を食べるチャンス!試食コーナーもお見逃しなく。

フードコーナー!

人気の明太子おにぎりが味わえるコーナーです。
お昼は結構な混雑となりそうですので、お目当ての品を購入する為には早めに行かれることおすすめします。
また、明太子ソフトクリームの不思議な食感も味わってみて下さいね。

最後に

明太子をテーマにこの様な施設を作るという発想に驚かされましたが、人気もあるという事で、日本人の明太子好きも中々なもののようです。(笑)

他では味わえない新鮮な明太子を求めてお出掛けされれば、食欲の秋が一段と楽しい季節となりそうですね。

 

明太子のおにぎり、是非味わってみたいです。楽しい情報ありがとうございました。

 

あやより

スポンサーリンク

関連記事はこちら!