川越祭りってどんなお祭り?
毎年大盛り上がりです!

埼玉県の南西に位置する川越市。この町は江戸時代には城下町として栄えていました。実は以前川越に遊びに行ったことがあるのですが、行くまでは「まあ、いわゆる古い町並みがある古風な場所なんだろうな」と思っていました。ですが実際行ってみたら印象が変わりました!この町が大好きになりました!

というのもこの町には他には独特の雰囲気があります。田舎とも都会とも違う、でも活気があって飽きない町です!また行きたいと思っています。私の中で関東お薦めの観光地の1つです!

そんな川越で毎年行われているお祭りがあります。それが川越祭り!今回はこのお祭りの話題です!具体的な内容はこちらです!

  • 川越祭りの日程は?
  • 見どころは?
  • 川越祭りの口コミは?
  • 行くならどの時間帯がおすすめ?

以上です!それでは始めます!

Sponsored Link

川越まつり2016年の日程は?

川越祭りっていつやるの?
10月15日、16日に開催です!

このお祭りは毎年10月の第3土曜日、日曜日に行われています!

Sponsored Link

川越まつりの見どころは?

このお祭りの見どころは?
沢山ありますよ!

このお祭りは川越氷川神社のお祭りで、常陸国総社宮大祭と佐原の大祭と共に関東3大祭り数えられています。360年にわたり続いてきたお祭りで毎年2日間で80万~90万に人の方が訪れ、人々を楽しませています。

かわごえ

昼の川越祭り

昼の川越祭りは個性あふれる山車の曳き回しが行われます。手古舞姿の小江戸小町やまつり囃子などが見どころです。

夜の川越祭り

夜は提灯が点き、昼とは違った雰囲気の山車が曳き回されます。

山車の曳き回しが最大の特徴!

このお祭りの最大の特徴が山車の曳き回しです。先触れ役を先頭に、他町の会所や山車へのあいさつをしながら曳き回します。山車の曳き回しはすべて宰領の合図によって決められています。

宵山

祭り初日の午後6時頃~7時頃まで、山車が飾り置きされます。この間に見事な山車をじっくり見ることが出来ます。

曳っかわせ

夜の6時~9時ぐらいにかけて行われるのが曳っかわせです。これが山車同士が出会うと正面を向けて競い合うものです。勝ち負けはありませんが、迫力満点です!

まつり

川越まつりの口コミは?

行った人の感想がみたいな!
それでは見てみましょう!

こんなお面かぶるんだ!
楽しそうですよね!

みんなお祭りが楽しみなのね!
下町風情のある町ですからこういうところがあるのでしょうね。

盛り上がってるな~!
いいですよね!

まつり

川越まつりに行くならどの時間帯がおすすめ?

川越祭りは昼夜ずっと通して行われる祭りではありません。ですので時間のチェックは大切です。

まずは15日です。
  • 昼・・・14時~15時
  • 夜・・・18時~21時
次は16日です。
  • 昼・・・13時~15時
  • 夜・・・18時30分~21時

です。このお祭りは非常に混雑します。川越の町そのものは決して広いとは言えない場所ですので特に夜の曳っかわせの時は身動きが取れないほどの混雑です。混雑が苦手な人は昼のお祭りに行くのがおすすめです。

電車も非常に混雑します。特に曳っかわせの後は大変です。出来れば混雑の時間をずらして移動しましょう。

そのほかの関連記事はこちら→浴衣の柄に意味があるって知ってた?選ぶ参考にも!

まとめ

今回のお話しをまとめます。
  • 2016年の川越祭りは10月15日と16日に開催される
  • 見どころは山車の曳き回し
  • 川越祭りは関東3大祭りの1つ
  • 昼と夜で時間が決まっている
  • 非常に混雑するので混雑を避けながら移動すると良い

いかがでしたか?今回のお話しは川越祭りについてでした。関東でも屈指のお祭りで360年も受け継がれた伝統のお祭りを直接体感してみてはいかがですか?

川越は町自体も非常に魅力的ですので町自体も楽しみながら行ってみてはいかがですか?

Sponsored Link

関連記事はこちら!