じゃがいも

近所の人にじゃがいもを貰ったけれど、これって男爵なの?メークインなの?あれ、使う料理も違うんだっけ?
大丈夫!簡単な見分け方があるよ!それに、使い分ければお料理もレベルUP!

じゃがいもが常備菜のお家って、結構多いですよね。実は我が家もそうです。切らさないように常にストック置いてあります。和風でも洋風でも使え、煮ても焼いてもすりおろしても良し!な、じゃがいもに日々大助かりです。

そこで、今回は

  • メークインと男爵の違い徹底解剖!
  • メークインと男爵、それぞれが向いているお料理レシピもご紹介!

します!ベジタブル&フルーツアドバイザーの資格をもつ私がお教えします!主婦の皆さん、必見ですよ!!

スポンサーリンク

 メークインと男爵の違いは?

じゃがいもの中でも、代表的なこの2つの違いは色々あるんだよ。

 見た目

まずは、パッと見ただけで、簡単な見分け方。

メークイン

メークイン
  • 楕円形(俵型)で細長い
  • 芽の窪みが浅い
芽の窪みが浅いから、皮も剥きやすいね。

男爵イモ

男爵
  • 丸い形
  • ゴツゴツしている
  • 芽の窪みが深い
男爵の葉を見たことある?実は若芽の頃は、紫色なんだよ。

味や食感の違い

中身や食べた時の違いはどうなの?
メークイン
  • 中身は淡い黄色
  • 粘りがあり、煮崩れしにくい
  • 糖分と水分が多いため、油で揚げると茶色に色が変わる

煮物やカレーなどによく使われる

男爵
  • 中身は白
  • ホクホクしていて、煮崩れしやすい

コロッケやポテトサラダなどに、よく使われる

こうやって見ると、同じじゃがいもでも全然違うんだね。
 ところで。実はじゃがいもに含まれるビタミンCはりんごの5倍ということを知っていた?

じゃがいもはナス科の植物で、ナスやトマトの仲間なんです。旬は5~7月で、ちょうどこの時期に新じゃがも出回りますね。5~6月は暖地産の物が、7月には北海道産のものがスーパーに並びます。

また、じゃがいもに含まれるビタミンCはリンゴの凡そ5倍もあります。ビタミンCは熱に弱く加熱すると消失してしまいますが、じゃがいもに含まれるビタミンCはでんぷんに包まれているので、加熱しても壊れにくいのが特徴です。また、カリウムも豊富ですよ。

え、そうだったの!?じゃぁ、積極的に食べないとね。でも、どんな料理が良いの?
じゃぁ、それぞれに合うレシピを紹介するね。

スポンサーリンク

メークインが向いている料理は?おすすめレシピも紹介!

崩れにくいメークインが向いている料理って、一体何?
煮物やカレーなど、長時間煮込んでも大丈夫な料理が向いているよ。

肉じゃが

肉じゃが

《材料》

  • じゃがいも(メークイン)…3~4個
  • たまねぎ…1個
  • 人参…1本
  • 牛肉(豚肉でも)…200~250g
  • しらたき…200g
  • だし汁、醤油、砂糖(はちみつでも)、みりん、酒…適量
  • さやいんげん

《作り方》

  1. 材料をそれぞれ食べやすい大きさに切りましょう。
  2. 鍋を熱し、薄く油をひきます。肉を炒め、たまねぎ、にんじん、じゃがいも、しらたきを入れます。
  3. さっと炒めたら、ひたひたになるぐらいだし汁と調味料を全ていれ、弱火寄りの中火で煮込みます。
  4. じゃがいもに火が通ったら、火を止め、ふたをします。冷ましている間に、味が染み込みますよ。
  5. 食べる直前に再度温め、器に盛ります。別茹でしていたさやいんげんをちらして、出来上がり。
じゃがいもは、豚肉と一緒に摂ることで疲労回復、また、人参と摂ると動脈硬化の予防に繋がるよ。

ポテトチップス

ポテトチップス

《材料》

  • じゃがいも(メークイン)…お好きなだけ
  • 塩…少々

《作り方》

  1. じゃがいもの皮を剥き、2mmぐらいの厚さに切ったら、水にいれてさらします。厚さはお好みで。
  2. 水気をよく取り、油の中にいれドンドン揚げていきましょう。
  3. 少しするとじゃがいもが浮かんでくるので、火を強火よりの中火にしてください。
  4. きつね色になってきて、音が軽くなったら、キッチンペーパーにあげてください。
  5. 塩をまぶして出来上がり!

 

我が家のおやつの定番!おつまみにも良いね♪

じゃがいもって冷凍保存できるって知ってました?→じゃがいもの冷凍保存って可能?時短アイテムに大変身!

男爵が向いている料理は?おすすめレシピも紹介!

水分が少なくホクホクした食感の男爵は、こちらがオススメ!

じゃがいものちぢみ風お焼き

チヂミ

《材料》

  • 男爵…500g
  • 片栗粉…大2~3
  • 塩…少々
  • お好きな具(たまねぎ、キャベツ、人参、ニラ、キムチなどなど)
  • 白胡麻…あれば

《作り方》

  1. じゃがいもは皮を剥き、水にさらしてすりおろします。
  2. 水分が出たら、少しだけ捨てます。そこに、片栗粉、塩、お好きな具を入れ軽く混ぜてください。
  3. フライパンを熱し、油をしく。お玉ですくった2を入れ、両面をきつね色になるまでこんがりと焼いてください。
  4. 焼きあがったら、皿に取り出し、胡麻をふりかけます。ポン酢などお好みのたれで召し上がれ♪

じゃがいもの水分が多いと、柔らかくなる場合があります。メークインよりも男爵の方が水分量が少ないので、出来れば男爵を使うのがオススメ!

片栗粉でなくても小麦粉でも大丈夫♪牛乳やお砂糖を入れて甘めにすると、パンケーキ風に。離乳食によく作ってたよ。

ハッシュドポテト

ハッシュドポテト

《材料》

  • 男爵…中3~4個
  • 小麦粉…大6
  • 水…大2
  • 卵…1個

《作り方》

  1. じゃがいもは皮を剥き、千切りにしましょう。
  2. ボウルに、小麦粉と卵を入れて混ぜてから、1を加えてまた混ぜます。
  3. フライパンに油を熱し、2をお玉ですくって両面を焼きます。
  4. お皿に盛り付け、お好みでケチャップや塩でお召し上がりくださいね。
じゃがいもを千切りにした後、水につけないでね。焼くときにでんぷん質でくっつけたいのに、逃げてしまうのを防ぐため。

最後にまとめ

メークインと男爵の違いを最後にまとめてみよう。
  • メークインは、楕円形で窪みが浅く、煮物やカレー向き。
  • 男爵は、丸型で窪みが深く、コロッケやポテサラ向き。
  • じゃがいもは、ビタミンCとカリウムが豊富!

因みに、新鮮なじゃがいもの選び方は

  • 表面がなめらかで傷がなく、しなびていないもの
  • 手にした時に重量感がある
  • 芽が出ていない

です。

ぜひ料理の参考にしてみてね!
ありがとう!今日から早速参考にするね。
スポンサーリンク

関連記事はこちら!