すこし前からテレビのニュースなどで取り上げられる“ふるさと納税”。

地域の特産品がお礼としてもらえ、お得そうなイメージはあるけれど、実際よくわからない!という人も多いのではないでしょうか?

ふるさと納税について調べたところ、確かにお得でした!
お得であり、楽しみも増え、しかも2015年から申請が楽になり、いいとこだらけのふるさと納税とは一体どんなものなのでしょう

Sponsored Link

ふるさと納税って何?

ceda4e1709fb53c461f298935ee7ddf3_s
ふるさと納税とは、地方自治体に寄付をする制度です。

自分の住んでいる自治体に納めている県民税・市民税の一部を、他の自治体に寄付という形で納めます
寄付をすることで、自治体によっては、寄付のお礼にお米や果物など地方の特産物が送られてくることもあるのです!

個人が2,000円を超える寄付を行ったときに、所得税や住民税の約2割ほどが還付、控除されます。

【年収600万円のαさんの場合】

①一年間で、5自治体(A県、B市、C町、D府、E市)に65,000円の寄付をしたとします。

②翌年、寄付金証明書とともに確定申告する。

③-1 所得税の控除額が銀行口座に振り込まれる・・・65,000-2,000)×10%=6,300円(ⅰ)

③-2 住民税控除の通知が届く・・・65,000-2,000)×90%=56,700円(ⅱ)

65,000円(寄付金)-63,000円(ⅰ+ⅱ)2,000円(負担金額)

実質2,000円の負担で、特産品がもらえることになります!

ただし、年収や寄付金額、家族構成、その他控除額によって、税の軽減額は変わりますので、ふるさと納税のホームページ“ふるさとチョイス”でシミュレーションするのがいいでしょう。

Sponsored Link

ふるさと納税の特典にはどんなものがあるの?

725bb89ae12c189bd00cebd70a053c0c_s
自分の生まれ故郷でなくても、好きなところどこでも寄付できるのがふるさと納税です。
みなさん、およそ4万点の特産品の中から欲しいものを選んで、寄付先や寄付金額を決めているようです。

人気の特産品をピックアップしてみました。

宮崎県都城市
都城産豚・Mの国黒豚4kgセット(寄付金額10,000円~)

長野県飯山市
27年産「幻の米」新米15kg(10,000円~)

福岡県柳川市
あまおう(10,000円~)

北海道えりも町
えりも産茹で毛がに(10,000円~)

大阪府池田市
日清食品インスタントラーメン詰め合わせ(10,000円~)

ふるさと納税って確定申告しなくちゃいけないの?

aee88a7b58ec5b4a8fddc5bffa11b007_s
ふるさと納税をしても、確定申告をしなくてはいけないのが面倒ですね。

確定申告を理由に、納税を断念してしまう人もいると思いますが、2015年度からは、「ふるさと納税ワンストップ特例制度」という制度の条件を満たせば、確定申告が不要になりました

この「ふるさと納税ワンストップ特例制度」は、“寄付先の自治体”から“居住する自治体”に寄付金情報が直接通知されるのです。

特例制度が適用されれば、所得税と住民税が“住民税に一本化”され、住民税のみの形でキャッシュバックされます。
適用されないときは、従来どおり確定申告し、所得税と住民税にわけてキャッシュバックされます。

【適用条件】

  • 2015年1月1日~3月31日の間に、ふるさと納税していない人
  • 確定申告をする必要のない人
  • ふるさと納税の寄付先が5つまでの人

ふるさと納税の手続きの方法とは?

137412①寄付金額を決める

納税に限度額があるので、確認して決めてください。
ふるさと納税のホームページ(ふるさとチョイス)で、年収や家族構成を打ち込んでシミュレーションすると限度額が出てきます

②寄付先を決める

お礼の品を見ながら、欲しいものを決める。

③寄付を申し込む

申し込み方法は自治体によって違います
ふるさとチョイスの欲しい特産品をクリックすると、各自治体の寄付申出フォームにつながります。

④寄付金を払う

払い込みも自治体によって違います
銀行振込、郵便振込、コンビニ支払い、自治体によってはクレジットカード支払いも可能です。

⑤寄付証明書が届く

支払い後、約1週間で寄付金の受領証明書が送られてきます
翌年の確定申告で、寄付証明書が必要となってきますので、大切に保管してください。
その後、お礼の品が届きます。

⑥特例制度申告書の提出or翌年、確定申告する

最後に

2,000円の実質負担をするだけで、本当にたくさんの特産品の中から好きなものが選べるなんて、使わない手はないですね。

特産品の中には、宿泊券や施設の優待券、鉄道のチケットなど面白い特典もありますし、税金の使いみちを自分で決めることができますので、興味のある方は、ぜひひとつの自治体からでも納税してみてはいかがでしょうか。

by lulemon

Sponsored Link

関連記事はこちら