きのこは採れたてだと香りが強く、食感も抜群で美味しいですよね。私はきのこが好きで、スーパーへ買い物に行くときのこの売り場で立ち止まってつい買ってしまいます。

先日、スーパーへ買い物に行った時にも勿論きのこのコーナーに寄りました。その時に近くにいた親子の会話が耳に入ってきたのですが…

きのこって生で食べられるの…?

きのこって焼いたり蒸したりして、火を通して食べるのが当たり前だと思っていました。

これはきのこ好きとして調べてみなければ!

今回はきのこが生で食べれられるのか?きのこには毒についてなど、きのこの事について徹底的に調べてみましたよ!

スポンサーリンク

きのこって生で食べられるの?

きのこ、生で確実に食べれるものだとマッシュルームですね。他の食べ物にはないパキパキした食感なので、好きな方はその食感を楽しんで食べるのではないでしょうか。

しかし、生で食べられる期間は収穫してから2~3日程度です。それを過ぎるときのこ自体の菌が自己発生を起こし、有害になる白い菌が付着します。この菌が付着しているのを見つけたら、生で食べるのは止めて焼くなどの料理をして食べましょう。

えのきたけなどを時々レストランなどでサラダ仕立てにして出される事がありますが、それは収穫してから早い内に提供するからという理由で人によっては腹痛などの症状を起こすこともあります。

でも注意してください!ここから大事ですよ!

逆に、絶対生で食べてはいけないきのこは「仁王しめじ」と呼ばれるしめじです。繊維質が強く消化に悪いので、食べると腹痛を起こす可能性があります。必ず火を通して食べるようにしましょうね。

スポンサーリンク

どんなきのこにも毒があるってホント?

そうそう!私はこの前、どんなきのこにも毒があるっていう噂を聞いたんだけどそれって本当なのかしら?
結論から言うと、きのこ全てに毒が含まれている訳ではありません

ならば何故、生で食べてはいけないのか?それは、そもそもきのこは火を通して食べる事を前提にしているからです。

簡単に言うと、豚肉を生で食べられないのと同じです。

火を通す事で毒成分が消えたり、シックハウス症候群の原因物質であり強い発癌性をもつホルムアルデヒドが減少するので火を通せば問題がありません

きのこを生で食べるのは要注意

きのこアレルギーって?

食べ物アレルギーは色々あります。その中にきのこのアレルギーがある方は、ごく稀ではありますが確かにいます。重い症状の方だと、きのこを食べて数分で

  • 腹痛
  • 下痢
  • 嘔吐

などのアレルギー症状が出ます。

アレルギーは個人の体質です。ですから、他の食べ物アレルギーと同じように特定の方にだけ症状が出ます。

もし、自分がきのこアレルギーかもしれないと思ったら、大きい病院で検査を受けるか食べないように気を付けると良いですね。

kinoko

関連記事)きのこでダイエット出来る簡単レシピをご紹介♪効果がスゴイ!

さいごに

  • きのこで生で確実に食べるならマッシュルーム。でも収穫して2~3日以内のものに限る
  • きのこ全てに毒が含まれている訳ではない
  • きのこアレルギーはあるので、もし気になったら食べないように気を付けたり大きい病院で検査をしてもらうと良い

きのこは火を通した方が風味や旨味が増すので、生で食べるという習慣はあまりないかと思います。

でも、レストランで出された料理の生のきのこが美味しかったから、と安易にきのこを生で食べるのは腹痛などの中毒症状を引き起こしかねません。

もしきのこを生で食べたいのであれば、パッケージに「生食可」や「生で食べれます」の表示があるものを購入して2~3日以内に食べきるようにしましょう。もしくは生のきのこ料理を提供するレストランなどに行って食べると良いでしょう。

生のきのこを食べる時は、ちょっとした違和感があったら食べないようにしましょう。
スポンサーリンク

関連記事はこちら!