海外ではメジャーなブラジリアンワックス!最近では脱毛ブームで、日本でもよく耳にすることが多いのではないでしょうか。

発祥は名前にもついている通り、ブラジルからってご存知ですか?

ブラジルといえば、サンバカーニバル!セクシーな衣装を身につける機会の多いブラジルの女性たちのために開発されたのがブラジリアンワックスです。

それが世界的に普及し、女性はもちろん最近では男性の利用者も増えているようです。

実は私の友達も自分の為にブラジリアンワックスを始めたのをきっかけに自宅サロンを開きました。SNSを中心に口コミだけで評判が広がり、今では予約殺到中だそうです!

そこで今回は友人のエステティシャンに話を聞いて、ブラジリアンワックスのメリットやデメリットも踏まえ、どんなものか教えてもらいました。私も興味津々で聞かせてもらいまいした♪そこで今回は…

  • ブラジリアンワックスって何?
  • メリットやデメリットは?
  • 自分でワックスが作れる方法があるんです!

などの知識をご紹介!私の中では、ぐーーんとブラジリアンワックスのハードルが下がりましたよ!

是非、読者のみなさまにもこの夏はブラジリアンワックスで素肌美人に大変身!してもらいたく、是非参考にしてください♪

スポンサーリンク

ブラジリアンワックスって?

ブラジリアンワックスとは専用のワックス剤を脱毛したい箇所に用いて、一気にはがしとる脱毛方法です。

元々はデリケートゾーンと言われるVIOラインの処理用として開発されたのがブラジリアンワックスです。

デリケートな部分に自己処理で剃刀など使うと肌トラブルなど起きやすいですよね。

VIOラインって?

VIO

上記の赤い部分がVIOラインといい、とてもデリケートな部分ですが、自己処理も難しい箇所ですよね。

脱毛サロンでも「ハイジニーナ脱毛」というコースを設けているところが増えているそうです。

ハイジニーナとは、VIOライン(デリケートゾーン)のアンダーヘアが全く無い状態のスタイルのことを言います。

脇脱毛に続いて人気のあるコースだそうです。

え?全部剃ってしまうの?と驚くと思いますが、私が聞いた話によると、

  • 一度全部剃ってしまい、好きな形に整えていく
  • 全て剃ることで、全体の毛質が柔らかくなり、自己処理が楽になる
  • 何度か全脱毛を繰り返し、残したい毛の量を調節する

というメリットがあるそうです。

最近では、脱毛の年齢も老若男女で様々な年代の方がいるそうです。

デリケートゾーンに限らず、細かい箇所にもワックス脱毛するという方もいるそうです。

たとえば・・・

  • うなじ
  • 手足
  • 男性の胸毛や腹のムダ毛
  • 顔の口周りや眉下、鼻毛

オシャレに気を使う男性が増えました

ただし、顔の毛や鼻毛はそれ専用のワックスを使うことが多いので、手足などと一緒のものでやるのはトラブルの元になるため注意して下さいね!

持続性

実際、ブラジリアンワックスで脱毛するとその効果はどのくらい続くのでしょうか?

毛根から毛を抜くため、ブラジリアンワックスで処理をしたあとすぐは全く毛の無いつるつるの状態になります。

この「つるつる期間」はおおよそ2〜3週間継続します。

ただし、毛周期のサイクルは部位によって異なります。また個人差もあるため、人によっては2〜3日で新しい毛が生えてくるという方もいます。処理をしたタイミングで休毛していた毛は徐々にまた生え始めるため、およそ4週間目あたりから再度処理をする方が多いようです。

だいたい1ヶ月を目安にすると良いかもしれません。

スポンサーリンク

脱毛するメリット・デメリット

 メリット

  • 最大の魅力はその即効性
    「明日デートだから今日なんとかしたい!」というような時に愛用する女性も多いようです。
  • 手軽さ
    脱毛サロンのように通う必要がなく、好きな時間に自宅でできることは忙しい女性にピッタリですね。
  • ワックスは除毛したい部分は全て対応できる
    光脱毛、レーザー脱毛では特性上、色素沈着部分には効果が表れないなど効果が実感できないこともあるが、ワックスであれば色素沈着など関係ないので、気になる部分の除毛が簡単に行えます。
  • 自己処理より安全に効果的な除毛が出来るということ
    剃刀など刃で傷つける心配がなく安全性が高いですね。
  • やり直しができる
    永久脱毛ではないからこそ『やり直しがきく』というのがブラジリアンワックスの良い面でもあります。色々な形にチャレンジできたり、元の形に戻すことができます。
  • 衛生面的に清潔
    アンダーヘアーを無くすことで、経血やおりものなど月経時のニオイが気にならなくなります。また夏場はムレなく過ごすことができます。

 

<デメリット>

  • 強い痛みを感じる
    塗って剥がすだけというシンプルな方法がゆえに、強い痛みを伴う場合があります。
    アンダーヘアはデリケートな部分で皮膚が薄く、痛みを感じやすい場所です。
  • 永久脱毛ではない
    限りなく永久脱毛に近い脱毛がしたい場合は、費用やコストはかかってもニードル脱毛や医療レーザー脱毛がオススメです。
  • 肌トラブル
    ワックスの力で無理やり毛を引っこ抜くスタイルなので、当然肌にとっては強いダメージがかかります。
    肌トラブルってどんな状態?

  • 鳥肌のようなプツプツした肌になる
  • 色素沈着
  • 表皮剥離
  • 内出血
  • 毛嚢炎(もうのうえん)
    ブラジリアンワックスで最も多いトラブルのひとつです。
  • 埋もれ毛
  • 埋没毛
毛嚢炎(もうのうえん)ってどんな状態?
毛穴の奥で毛根を包んでいるところにブドウ球菌が感染して起こる皮膚の病気です。
  • 毛穴の上にポツっと突起ができる
  • 赤い発疹
  • 突起物の中心に白い膿が見える状態になることがある
  • かゆみや痛みはないが重度の場合、発熱や痛みが出るときもある
  • 炎症が悪化すると化膿してしまう

上記のようなトラブルは、お肌の状態や個人差があります。

ブラジリアンワックスはお肌への刺激が強いため、 元々、肌が弱い人にはおすすめできません。

お肌の状態とよく相談し、トラブルが起きた場合には早めに皮膚科など受診し、対処した方がいいですね。

適切な予防方法やアフターケア方法をしっかりと把握してから処理しましょう。

Woman (5)

ワックスが自分で作れる?レシピをご紹介!

ブラジリアンワックスは手作りでも出来るんです。専用サロンに行く手間や専用キットを購入するコストを省けます!

では、手作りワックスの作り方をご紹介します!

<材料>

  • 砂糖…大さじ5
  • レモンの絞り汁…大さじ5(レモンおよそ2個分)
  • 水…大さじ5

<作り方>

  1. 深めの鍋に材料をすべて入れ、中火〜強火で沸騰させる
  2. 沸騰したら火を弱火にし、8〜12分ほど煮詰める
  3. 少し色がつき、はちみつくらいの固さになったら火をとめる
  4. 熱いうちに耐熱瓶や耐熱皿に移す

<使い方>

  1. 毛の流れに沿って、バターを塗る要領でワックスを脱毛箇所にスパチュラで塗りつける。
  2. ワックスを塗った部分に布(ストリップシート)を貼り付け、ワックスが馴染むように軽く押し付ける。
  3. 毛の流れと逆方向に、布を一気にはがす!
出来立てのシュガーワックスは、とても熱いので冷ましましょうね

<ポイント>

  • 毛を短めにしておくと、ワックスが塗りやすい
  • 施術部分にベビーパウダーをはたいておくと綺麗に剥がれる
  • ワックスは「均一に薄く延ばす」こと
  • 布をはがす時になるべく肌をピンと張っておくと痛みが緩和される
こんなシンプルな材料と作り方なら挑戦してみたいものですね!動画もあるので是非参考にしてください

 

代用品のオススメ

  • ストリップシート(ワックスをはがす時に使う布)
    小さめのハンカチがあればストリップスの代わりとして使用し、処理した毛を洗い流してから洗濯をして再利用できるので繰り返し使用できます!
  • スパチュラ(ワックスを塗るヘラ)
    アイスのへらやバターナイフでも十分代用ができます。

高いキットを買わなくても身近なもので代用できるんですね

Diet

ブラジリアンワックス体験談!口コミご紹介!

ブラジリアンワックス経験の人多数!

サロンでの施術は安心かつ、スタッフの方も慣れているのでリラックスして受けれるのはいいですね♪

色々な種類の脱毛を経験した人の体験談は説得力がありますね!

オシャレには痛みが伴うようです・・・・

男性も体験してます

最後に・・・

ブラジリアンワックス興味があったけどなかなか勇気が出なかった!という人たーくさんいると思います。

私もその中の一人です。

ブラジリアンワックスのメリット・デメリット

  • コストが安い
  • 安全に効果的な脱毛に期待ができる
  • ツルツルなお肌
  • 個人差もあるが痛みを伴う

痛みを乗り越えられれば、勇気が出ませんか?

色々と考える前にまずはチャレンジ!!

やってみたい!という方は、専門サロンで施術を受けることも出来るし、ちょっと恥ずかしいな・・という方は、専用キットをインターネットで注文し、セルフ脱毛ならハードルも少し下がりますよね♪

手間はかかりますが、手作りもおすすめです!おもいきり楽しむ前に是非、ブラジリアンワックスを試してはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

関連記事はこちら!