スマートカジュアルって聞いたことありますか?

実は…今度主人が参加する予定のパーティーの案内状に「スマートカジュアルでお越しください」と書いてあったんです!これはもう知らないままではダメだ!見当違いの格好で行かせては主人の立場がない!と思い必死で調べました。

スマートカジュアルというのは服装のこと。何かのイベントに誘われたり、ホテルやレストランなどに行ったりするときに指定されるドレスコードのひとつです。

でもみなさん、“スマートカジュアルでお越しください”と言われたら、どんな格好で行きますか?

何が正解なのかいまいちわからない、スマートカジュアル。しかも夏なんて…薄着だとカジュアル過ぎる?それともジャケットを着た方がいい?

目に見えない曖昧な境界線に、悩む人も多いはず。

そこで今回は

  • そもそもスマートカジュアルってどんな格好?
  • 夏でも涼しいメンズジャケットは?
  • ジャケットの腕まくりはしてもいい?
  • 女性のスマートカジュアルにジャケットって必要?

などなど、失敗しない着こなし術をご紹介していきます!

スポンサーリンク

夏にスマートカジュアル!ジャケットは必要?男性編

ズバリ言いますと、夏でもジャケットは必要です!

なぜなら、スマートカジュアルの位置づけは、“ビジネスカジュアルよりも少し上品”だからです。

夏のビジネスカジュアルといえば、クールビズです。

一般的なクールビズは「ネクタイ無しのスーツスタイル」もしくは「ジャケット無しのYシャツスタイル」くらいだと思われます。それよりも“上品”ということは、ジャケットを着た方が無難そうですね。

では、夏でも着られるオシャレなジャケットはどんなものでしょう。

スポンサーリンク

夏におすすめのメンズジャケットは?

スマートカジュアル

夏に選びたいジャケットのおすすめポイントを挙げていきますね!

素材で選ぶ

夏でもさらっと着られるオススメは、シアサッカー素材

シアとは、「薄い、透き通る」といった意味があり、シアサッカー素材はデコボコな縞が特徴でシワになりにくい生地です。肌触りがよく、夏でも涼しく着られます!

形で選ぶ

光沢感のあるフレンチリネンのテーラードジャケット!

リネンとは、麻の中で最もしなやかで触り心地の良い生地です。フレンチリネンはフランス北部で栽培された、最上級のリネン生地を意味します。「通気性が良い、清涼感がある」といった麻に共通する特徴を持ちながら、硬い印象の麻と違って柔らかい素材です。

その上品な光沢感と、襟のあるデザインのテーラードジャケットを組み合わせることで程よいバランスのカジュアルさを出してくれます。

柄・色で選ぶ

おすすめの柄はストライプ!色は定番ネイビーでしっかり決める!

ストライプはシュッとして夏でも涼しい印象になります。ネイビーは定番ですし、季節や流行に左右されないのが魅力のカラー!年中着回せる万能アイテムですね。

また、寒色系が好まれる傾向の夏にはピッタリ!ほかの人と被りたくないよって人はグレーなんかもオススメですよ。

スマートカジュアル

関連記事:ドレスコードがスマートカジュアル!男性の場合は?

ジャケットの腕まくりはOK?

ジャケットっの腕ってまくっていいんでしょうか?
もちろん、OKです。ただし、かっこよくまくるのがポイントです。

袖口からクルクルとまくる腕まくりは普通過ぎて少しダサいかも。内側に柄のあるシャツなら、柄の袖口が見えるように折るのがおすすめです。

それから、袖口を一回だけ折って、クシュッとしわが寄るように袖をまくりあげるのもOK!

スマートカジュアル=気の利いた、気軽な服装」ですので、腕まくりのほかサスペンダーやコサージュなど遊び心もあると尚いいです。

くれぐれもネクタイ無しのスーツのような手抜きコーデは避けましょう。

夏のスマートカジュアル!ジャケットは必要?女性編

smartcasual3

女性の場合は男性より比較的きまりが緩いかもしれませんね。カーディガンでも大丈夫です。

デニムはダメ!というお店もあるみたいですが、最近ではデニム+ジャケットでもOKという風潮に変わってきています。

関連記事:ドレスコードがスマートカジュアルの時、女性の服装は?

最後に

今回の記事をまとめてみます。
  • 夏のスマートカジュアル、男性はジャケットを羽織って上品に!
  • シアサッカー素材やフレンチリネン素材が涼しくておすすめ
  • ジャケットは腕まくりでカジュアルに
  • 女性はカーディガンでもOK

いかがでしたか?スマートカジュアルのニュアンス、少しでも伝わりましたでしょうか。

今回はジャケットをメインにスマートカジュアルについてご紹介させていただきました。

しかし、他にもジーンズはあり?なし?Tシャツはダメだけど、カットソーはOK?など細かい部分ではまだまだ分からないことがあると思います。

どうしても不安な場合は直接お店に問い合わせてみるのもいいでしょう。

ジャケットは見た目をカッチリさせてくれるだけではありません。室内のきつい冷房や強い日差しからも守ってくれます。

もし、あなたがこの夏、イベントのドレスコードに“スマートカジュアル”を指定されたら、是非この記事を参考にしてみてください!

スポンサーリンク

関連記事はこちら!