最近「家庭菜園」が流行っていますよね?

「どうしたら良いのか分らない」「管理するのが大変そう」「マンションだからお庭が無い」など、やってみたいけど、なかなか始められない方も多い様子。

でも我が家はマンションのベランダで栽培をしています!

今は、ゴーヤ、ズッキーニ、ミニトマト、ブロッコリーまで、プランターで簡単に出来るのです。毎朝、1歳の娘が水やりをするが日課で大きくなった野菜を見ては大興奮しています。

そこで今回は、ベランダで本当に出来るの?注意する点は?オススメの野菜は?初めての方でも始めやすい方法をご紹介します。

スポンサーリンク

家庭菜園がベランダで出来る?!

家庭菜園と聞くと、お庭や畑のイメージがありますよね。
今ベランダで家庭菜園をする事も出来るのです!

準備する物もホームセンター100均のお店でも揃ってすぐに出来るので人気なのです。

また元々は洗濯物の物干ししや物置などのスペースで作られているので、日当たりの良い南向きに作られている事が多いので日当たりも良く植物栽培に適しています。

夏

準備する物

準備するものって何があるの?
栽培キット
入れ物、土、種が全て入っている栽培キット。

トマトやニンジンなどの栽培キットが販売されていますよ!中には栽培方法の説明書が入っているので、初心者の方安心♪まずは栽培キットからやってみるのもオススメです!

3d5dd8b02a2439b46dda76778a7bef33_s

 

種や苗から育てる
ベランダで栽培する場合は、プランターがオススメ。
  • ベランダの広さを考慮したプランター
  • 既に肥料が入っている野菜用の土
  • 育てたい野菜の種や苗

この3つがあれば始められます!

でもベランダで家庭菜園する時に注意しないといけないこともあるんじゃない?

スポンサーリンク

 

ベランダで家庭菜園注意する点は?

初心者でも簡単に始められて、スペースもあり日当たりも良く家庭菜園に向いている事がわかりましたが、注意点もあるようです。

近隣の方にも迷惑を掛けてしまう場合もあるので確認をしておきましょう。

e9b8f7a3302c1fb2ad387b05d4042426_s

注意点

  • ベランダは地面から高さがあるのでプランター等が落下する危険性があります
  • 管理組合で決められているベランダ利用規定に植物等を置くことが禁止されている場合がある。
  • 強風などで簡単に飛ばされてしまう可能性があります。
  • 落ち葉等でベランダの排水パイプが詰まる可能性があるので注意しながら水やりをしましょう。

自分だけではなく、組合や近隣住民の迷惑になる行為にあたる可能性もあるのですね!是非始める前に確認をしておきましょう!

私家庭菜園を始めたいんです!おすすめの野菜ってありますか?!

ベランダで家庭菜園!おすすめ野菜7選

経験者の私が育てて、これは初心者向けだ!と思う野菜をご紹介しましょう!
  • トマト
    苗を植え付けて2~3か月で収穫できます。乾燥に強いので水の与え過ぎはNG!初心者の方にはオススメ。
  • バジル
    枝先を収穫すると脇芽が育ち、上手に育てると常に茂っている状態になります。
  • ゴーヤ
    グリーンカーテンとして近年注目されているゴーヤ。ツルで育つので大きめのプランターやネットが必要になりますが、暑さや害虫にも強いので日当たりが良ければ良く成長して収穫出来ます。初めての方には苗から育てる事をオススメします。
  • 二十日大根(ラディッシュ)
    約20日で収穫出来る事から「二十日大根」と呼ばれています。成長を見ながら直ぐに収穫したい方にはオススメです。
  • いちご
    株が大きくならないのでベランダ菜園向きで人気です。6号鉢に1株の目安で栽培出来ます。
  • なす
    生育温度は30℃と高いので日当たりの良いベランダ菜園向き。ただし乾燥に弱いので土が乾いたらたっぷりと水を与え、肥料を10日~15日に1回与えましょう。
  • じゃがいも
    20℃以下の涼しい環境でも育つので冬の家庭菜園にオススメの野菜です。花が咲いてから2~3週間後に葉が黄色く枯れて着たら収穫のタイミングです。
こんなにたくさんの種類が初心者でも簡単に育てられるなんで魅力的ですよね!

日々の食費の削減にもなるので、主婦は大助かり間違いなしですね!

4bdf52cb5602bec270a2e034657097f0_s

最後に…

ベランダで家庭菜園をする時は?
  • 必要な物は、プランター、土、苗or種
  • 落下、強風、防災法などの注意
  • 初心者でも簡単に出来る野菜や果物がある

自分で育てて収穫して食べると、買うよりも美味しさが倍増しそうですよね。

お世話が苦手な方でも栽培しやすい物もあるので、まずは自分に向いている野菜から栽培して、増やしていくもの良さそうですね。

是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

関連記事はこちら!