最近は、ペットブームと言われていますが、家族に「うさぎ」がいる人も多いようですね。実は、私も5年ほど前から、うさぎと暮らしていますが初めは何もかもが心配でした。同じように不安を抱えている人の解決への近道になればと思います。

その中から、不安の声が多い「うさぎの皮膚病」について、症状も含めながら詳しく調べてきたことを解説していきます。

うさぎは、人間の言葉が使えないことや、大変に我慢強いことで、発見が遅れてしまいがちです。うさぎの皮膚やケアの仕方をきちんと知ることが出来れば安心ですね。では、考えられる病気から見ていきましょう。

Sponsored Link

皮膚が赤い・痒い…この症状から考えられる病気は?

うさぎの皮膚が痒そうで…赤くなってきました。何かの病気でしょうか?
かかりやすい病気を3つ挙げていきますね。

  • ノミやダニに寄生されることによっておこる皮膚炎
  • 湿性皮膚炎
  • 足底皮膚炎

ぱんだ1

ノミやダニに寄生されることによる皮膚炎

症状はこちら
症状

ノミダニに寄生されてしまうと、激しい痒みがおこります。掻きすぎて傷になってしまうと、そこから 雑菌が入り、発疹や発赤、炎症の症状が!

フケが出たり、脱毛することもあります。耳を痒がっていたら、ミミダニに寄生されているかもしれません。

治療法

動物病院でうさぎ用(犬猫用のものはうさぎさんには使用できないものもあります!)の駆除薬を処方してもらいましょう。卵を産んでいることがあるので、優しくコロコロをかけるのも効果的です。

注意点

うさぎのノミダニは人に感染することもありますので、飼い主さんにも痒みが出ているときなどにはもしかしたら感染している可能性もあります。

湿性皮膚炎

湿性皮膚炎って?

うさぎの皮膚は湿気に弱いので、皮膚が濡れ続けてしまうと皮膚炎をおこします。これを湿性皮膚炎と言うのです。

原因

なんらかの形で、濡れ続けることで細菌が増殖することが原因になりますが、少し例を挙げてみますね。

  • 不正咬合などの口腔内疾患(かみ合わせが良くない場合に起こる病気が原因)
  • 結膜炎などの眼の病気(涙が多くでてしまうことが原因)
  • 慢性の下痢(陰部が不潔になってしまうことが原因)
  • 排尿障害や尿結石などの泌尿器疾患(尿が漏れたり頻尿で濡れてしまうことが原因)
  • 肥満が原因(陰部にヒダができてしまっていることが原因)
症状

皮膚は滲出液などで濡れたままなので、赤くなったり、脱毛や、かさぶた、ただれなどの症状がみられます。

湿度計

治療法

原因となる病気の治療をします。そして、皮膚を乾燥した状態を保たせて、抗生物質や消毒による治療をしていきます。

それと同時に原因となったものを改善していきます。

予防

湿気が少ない場所で飼育するようにした方がいいですね。特に梅雨の時期などの環境には十分に注意しましょう。

  • こまめにケージの掃除をして環境の衛生面に注意する
  • 不正咬合や結膜炎等、湿性皮膚炎の原因は早く治療しておく

これらは、牧草をしっかりと食べさせてあげたり、コミュニケーションで毎日お顔を見てあげると早期発見になりますね。風通しの良いところで過ごさせてあげたりしたいですが騒音のあるところは避けてあげましょうね。あとは、おやつの食べ過ぎに気を付けて、「退屈が原因になる食べ過ぎ」を防いであげるために、遊べる工夫をしてあげましょう。

足底皮膚炎

こちらはうさぎによくみられる皮膚炎で、別名「足底潰瘍」や「飛節びらん」とも呼ばれることあります。

原因

うさぎの足底と床が擦れることによっておこる皮膚炎です。

通常うさぎの足の裏には毛がびっしり生えているので、肉球なるものは見えていません。

それが

  • 肥満により一か所に体重がかかりすぎる
  • あまり動かない
  • 足の裏に皮膚炎をおこしている

などで脱毛が始まり、直接足底と床が擦れ合ってしまうことによっておこってしまうと考えられています。

症状

脱毛や赤みのみのうちはまだ軽症と言えるでしょう。

それを放置しておくと、皮膚がえぐれて潰瘍という状態にまでなってしまうことがあります。

治療法

まずはゲージの中の床を見直しましょう。足底に負担のかからないソフトなものにし、清潔に保ちましょう。

患部には動物病院で処方された外用薬を塗り、抗生剤やレーザーをあてることも効果があるようです。肥満が原因だと考えられる場合には体重を落とすため、食事にも気を配りたいですね。

うさぎは、身近にいたはずのに、意外と知らなかった動物の一つでもありますね。実は、とても甘えん坊で、いたずらで、表情も豊かなんですよ。

グルーミングなど、日頃から皮毛のお手入れをしてあげることで、スキンシップもはかれますし、少しの変化に気付けるようになりますよ!
ふさふさの毛の間などもきっちり確認することにして、早めに気づいてあげられるようにします!

Sponsored Link

毛が抜ける…この症状から考えられる病気は?

1830

うさぎの毛が抜けてきてます。
脱毛の症状から考えられる病気は以下の4つになります。

  • 湿性皮膚炎
  • 足底皮膚炎
  • 皮膚糸状菌症
  • ストレス
  • 換毛期

皮膚糸状菌症ストレス換毛期ついて詳しくみていきましょう。

皮膚糸状菌症

皮膚糸状菌症とは皮膚にカビが生えてしまう病気です。

うさぎだけでなく、飼い主も感染していることがあるので皮膚のかゆみや水ぶくれなどができている場合は一緒に病院で相談してみてもいいでしょう。

原因

普段はなんともなくても、免疫が落ちていたり皮膚が弱っていると皮膚糸状菌が侵入しやすくなり感染してしまいます。

症状

リングワームと呼ばれる円形状の脱毛が進みます。うさぎは特に顔から脱毛が始まることが多いので、発見は早くできると思います。

毛やフケで人に感染することもあるので、抱っこには注意です。

治療法

動物病院で抗真菌薬を処方してもらい様子をみましょう。人に感染している場合は皮膚科へ行きましょう。

予防

カビはジメジメしたところを好むので、湿った環境には気を付けたいです。掃除をこまめにして、環境を整えておきたいですね。

ストレス

実は、ストレスがかかっても脱毛が進んだりして異変が起こることがあります。

原因
  • 寂しい・・・うさぎさんは、かまってもらえないとか、退屈だとグルーミングをしすぎて毛が抜けてしまいます。スキンシップをしてあげることで改善します。
  • 騒音・・・出入り口や、外が工事中など、静かに過ごせる環境のお部屋に、お引越しをさせてあげましょう。

換毛期

換毛期って?

年に4回あるんですが、大きい換毛期としては、春と秋になります。暑くなる時には、涼しく過ごせるような毛に生え変わり、寒くなる時には温かい毛で覆うために生え変わるために、たくさん毛が抜けてしまうのです。

換毛期の時には、部屋中が小さな毛でいっぱいになったりするのね
そんな時にはスリッカーブラシを使って抜け毛をとってあげましょう。
うさぎの毛は2種類

うさぎの毛は、次の2種類あります。換毛期は2種類の毛が別々に起きたりしますよ。

  • ガードヘアは、うさぎの毛の色を表す毛です。少し長い毛の換毛期の時にはハンドグルーミングやラバーブラシ等を使ったグルーミングが効果的なのです。
  • アンダーコートとは地肌に近い部分です。ふわふわで量が多いために換毛期の時は有効に使えるスリッカーブラシを使いましょう。
うさぎさんの毛の手入れが出来ると皮膚病の早期発見になります。

 

うさぎの換毛期は、季節の変化から自分の身体を守るためのシステムのようなものなのですが、体調に気を付ける人間の季節ごとの衣替えに似ていますね。

皮膚がただれてる…この症状から考えられる病気は?

406bef4a39cd012cc2f82d0900de6559_s

皮膚のただれから考えられる病気は以下の4つです。
  • 湿性皮膚炎
  • 足底皮膚炎
  • トレポネーマ
  • 舐性皮膚炎

トレポネーマと舐性皮膚炎について詳しくみていきましょう。

トレポネーマ

人間の梅毒のようなもので皮膚が赤くなり、ただれたりする病気です。人には感染しませんがうさぎの間で感染が拡がります。

原因

ほとんどのうさぎがキャリアだと言われていますが、免疫の低下やストレスなどちょっとしたことが原因で発症してしまいます。また粘膜の接触や母子感染によって感染しますので、交配は避けておきましょう。

症状
  • くしゃみや鼻水
  • 皮膚の変化(鼻や口周り)
  • 陰部からの滲出液やただれ、かさぶた
  • 肛門内部の炎症や周りの浮腫、滲出液やただれ、かさぶた

これらの症状が1つだけ出たり、複数出たりとさまざまなパターンがあります。

またメスの場合は症状が出るので比較的発見しやすいのですが、オスはほとんど症状が現れないことが多いので、知らず知らずのうちに感染が拡がっている、ということがあります。

予防

とにかく感染しているうさぎとの接触を避けること。これに尽きます。

また日々のスキンシップの中で、皮膚の状態など変化を見逃さないようにしましょう。うつされないように、と思う前に、すでに感染していてうつしてしまう場合もありますので。

恐怖

舐性皮膚炎

舐性皮膚炎(ていせいひふえん)は、舐めすぎによって皮膚がただれたり脱毛したりする病気です。

原因

舐めすぎによるものですが、これにはストレスも大きく関係していると言われています。

症状

足裏、お腹、首が脱毛したり皮膚がただれて血が出たりしている状態。

治療法

まずは皮膚の炎症を抑えること。細菌が増えないように消毒をします。

ストレスが原因の場合は、ゲージの掃除をこまめにしたり、運動させたりなどスキンシップも大事にしましょう。

皮膚以外にも注意したいこんな症状!

CA3J0284

うさぎは、だいたい室内温度が16℃~26℃が安全に過ごせる温度です。

寒くてもブルブルしてしなうなら温度は注意が必要ね
暑い時の冷房では風邪症状が出てしまうことがあるのよ
うさぎに風邪症状が出た時には命に関わることもあるんだよ

室内環境によっては、皮膚病だけでなく、風邪症状などで生死にも関わることがありますので、環境を整えてあげることは重要です。

その他にも、高齢になるにつれて、うさぎは腎臓など尿路系の病気になることがあります。そんな時には、トイレを空っぽにして、たまには「おしっこ」の色などをチェックしておきましょう。

まとめ

うさぎの病気についてまとめますね。

【皮膚の赤み・かゆみから考えられる病気】

  • ノミやダニに寄生されることによっておこる皮膚炎
  • 湿性皮膚炎
  • 足底皮膚炎

【脱毛から考えられる病気】

  • 湿性皮膚炎
  • 足底皮膚炎
  • 皮膚糸状菌症
  • ストレス
  • 換毛期

【皮膚のただれから考えられる病気】

  • 湿性皮膚炎
  • 足底皮膚炎
  • トレポネーマ
  • 舐性皮膚炎

どれもストレスが深く関係していることもわかりました。

うさぎはストレスに弱い、ということを認識して、環境やスキンシップなどの見直しで、同じ家族としての愛情が健康で長生きをさせる秘訣かもしれませんね。

Sponsored Link

関連記事はこちら

買い忘れはありませんか?