夫婦で歩いてる人、友達と歩いてる人、一人で黙々と歩いてる人、ウォーキングをする人よく見かけますよね。軽く走るジョギングもいいですが、無理なく歩くウォーキング、身体に良いと聞きます。

実は私も、先月からママ友と毎朝子供を見送った後、ウォーキングをしてるんですが、方法や効果なんて何も考えずにただ歩いてたんです。

ですが、ウォーキングってどんな効果があるのかご存知ですか?なんとなく身体に良いんだろうということは分かるんですが、どんな効果があるのか?また、効果的な歩き方はあるのか?分からない点も多いですよね。

私、特に今日は調子に乗っていつもより長く歩いたところ、かなり疲れて・・・健康になるどころか、1日ダウンしてたんです・・・。そこで今回は・・・

  • ウォーキングの効果
  • 効果的な歩く距離や時間
  • いつ歩くのがいい?

といったことを調べましたので、ご説明したいと思います。

スポンサーリンク

ウォーキングにはどんな効果がある?

walking

健康の為にウォーキングしようと思ってるんですが、健康の為と言ってはみたものの・・・実際どんな効果があるのか分かりません。ウォーキングの効果を教えて下さい。
ウォーキングをしてる人の中でも、効果まで考えて歩いてる人は意外と少ないですよね。ウォーキングの効果をご説明します。
  • 肥満解消や予防
  • 免疫アップ
  • 筋力アップ
  • ストレス発散
  • 脳の活性化
それぞれについて詳しくお話いたします。

肥満解消や予防

ウォーキングというと、歩いた分カロリーが消費されます。すると肥満の解消や予防にもつながります。また、この肥満解消や予防には、ダイエット効果だけではなく、生活習慣病の予防にもつながり、糖尿病の予防や治療ともなります。

ウォーキングすることにより、カロリーだけでなく血糖も消費し、血糖値を下げる効果があるからです。

免疫アップ

また、ほどよい速度のウォーキングは、代謝を良くし、免疫アップとなり、風邪や病気の予防にもつながるんです。

筋力アップ

ウォーキングを始めて一週間くらいでは、膝や股関節が痛くなること多いと思います。ですが、慣れてくると痛みを感じなくなりますよね。それは徐々に筋力がついてきてるからなんです。ウォーキングを続けることによって、見えないうちにどんどん筋力アップとなるわけです。

ストレス発散

ウォーキングすると、まず視界に入る景色が変わります。そして、太陽の光を浴び、汗をかき、自然とストレス発散にもつながります。嫌なことは歩いて忘れるという方法もアリですね。

脳の活性化

ウォーキングは有酸素運動です。脳に酸素を送り込むことで、脳の活性化にもつながり、ウォーキング後は気分だけでなく頭もスッキリするのはそのせいです。

また、これらの効果があるがゆえ、「夜よく眠れるようになった」「便秘が改善した」「肌がきれいになった」などの効果もあるようです。

スポンサーリンク

 

どれくらい歩くのがいい?

とにかくいっぱい歩いたら良いのでしょうか?
いいえ、ただ長く歩けばいいというわけではありません。効果的な歩き方があるので、ご説明します。
  • ストレッチをしてからウォーキング開始
  • 正しいフォームで
  • 歩幅を広く
  • 長時間頑張り過ぎない

ストレッチをしてからウォーキング開始

足首を回し、アキレス腱を伸ばし、肩、腕を回し、屈伸をします。このストレッチをやるかどうかが効果的なウォーキングの鍵とも言えます。これらのストレッチをやることで、筋肉をまずほぐし、怪我の予防にもつながります。

正しいフォームで

背筋を伸ばし、肩の力を抜き、少し前方を見て、腰を上下せず足を腰から動かすイメージです。また、肘は無理なく軽く曲げ、肩から動かす感じにすると、肩こり解消にもなります。

歩幅は広く

ウォーキングに効果的な歩幅というのがあります。

身長×45%

これが、ウォーキングの場合、効果的な歩幅で、160cmの人は72cmといった感じで、更に効果をあげたい場合は歩幅を広くとるのもポイントです。

長時間頑張り過ぎない

ただ長く歩けばいいというわけではありません。疲れを残す歩き方は逆効果です。30分~1時間以内。ほどよく汗をかき、疲れを残さない程度の時間がおすすめです。

walking

関連記事)ランニング中に聴きたい音楽のおすすめは?

朝?昼?夕方?晩?いつ歩くのがいい?

いつ歩くのが最も効果的とか、あるのでしょうか?
効果的な時間帯をご説明します。

1番効果的な時間は、です!

どうして朝がいいんですか?
朝が効果的というのは理由があります。
  • 1日を気持ちよくスタートできる
  • 熱中症対策
  • 朝の光が効果的

まず、朝汗を流すことで、脳が目覚めすっきりと気持ちよく1日をスタートできます。また、少しでも涼しい時間にウォーキングを行うことで熱中症対策ともなり、朝の光を浴びることで体内時計をリセットできる効果もあるんです。

walking

ウォーキングをはじめる前に聞いて良かったです。早速教えて頂いたことに気を付け、ウォーキングを開始したいと思います。

最後に

  • ウォーキングは、肥満解消や予防・免疫アップ・筋力アップ・ストレス発散・脳の活性化の効果がある
  • ウォーキングはストレッチしてから始める
  • 正しいフォームで歩幅を広く、疲れを残さない1時間以内がおすすめ
  • 朝のウォーキングが効果的

いかがでしたでしょうか?効果的なウォーキング方法を知ってると知らないとでは、せっかくのウォーキングも効果が全然違います。頑張りすぎるのではなく、無理なくが一番。健康の為、ダイエットの為、朝のウォーキングを続けましょう。

byちゃあ

スポンサーリンク

関連記事はこちら!