みなさんは里芋はお好きですか?ちなみに私は大好きです(^_^)そんな里芋ですが、旬な時期はみなさんご存じでしょうか?一般的に旬な時期は8月から12月と言われています。(品種によっては異なります)

低温と乾燥が苦手な里芋。泥付きのまま湿らせた新聞紙で包み、日の当たらない風通しのよい場所で保存するとよいとされていますが、この方法でも1ヶ月程度しかもちません。だからといって毎日毎日里芋料理ばかり食卓に並べるわけにはいきませんよね(-_-;)

そんな私もよく実家からたくさん里芋をもらうんですが、数年前まではきちんと保存していてもやっぱり1ヶ月から2ヵ月が限界なんですよね。結局最後の方はしなしなになって捨てないといけなかったり・・・。

そんな時に役立つのが、やっぱり冷凍保存!!3年ほど前に冷凍保存する方法にたどり着き、それからはずっと冷凍保存派なんです!

冷凍保存すると鮮度や味は落ちないのか気になりますよね。また、生でそのまま冷凍してもいいものなのか、やっぱりゆでてから保存する方がいいのか?気になりますよね。

今回は里芋の冷凍保存方法について
・里芋は生でも冷凍保存できるのか
・生で保存する超簡単な方法
・茹でてから冷凍保存する方法
・里芋を冷凍保存する時のポイント

これらについてまとめていきたいと思います。里芋冷凍保存のプロ(笑)の私の技を伝授いたします!!

スポンサーリンク

里芋の冷凍保存は生でもできる!?

里芋をよく腐らせるので冷凍保存したいと思ってるんですが、私、皮をむいたりゆでたりするのが面倒なんです。で冷凍保存ってできるんですか?
大丈夫です。生でも保存できますよ!

reizouko

里芋を冷凍保存するとなると、茹でてからじゃないと冷凍はできないと思う方もたくさんいらっしゃるかと思いますが・・・実は、生のままでもできるんです!!

常温で保存するよりは多少落ちますが、でも1ヶ月常温で保存してしなしなになったものを食べるよりは断然おいしいですし、むしろ鮮度はよいまま保存できるんです!

スーパーなどで売られている冷凍の里芋も、皮をむいた状態で冷凍されているものもたくさん目につくかと思います。もちろん皮つきのまま冷凍することも可能です。皮つきのまま冷凍することで、実は、皮が剥きやすくなるんです。

私自身もいつも冷凍で保存していて、使う時に使う分だけ使用することができて便利です。また、皮が剥きやすくなるので、里芋特有の手がかゆくなることが少なく済んで、一石二鳥です!!

では里芋を生で冷凍保存する方法をご紹介しますね。

里芋を生で冷凍保存する方法

基本的な保存方法で泥付き里芋は約1ヶ月保存できるのですが、何せ里芋は手間がかかります。皮を剥いて、あく抜きして、茹でて・・・。

面倒なことが大嫌いな私みたいな方には断然おすすめなのが、皮付き冷凍保存です。

ここで超簡単 な冷凍保存方法をご紹介します!!

  1. 里芋を皮がついたままよく洗います。
  2. キッチンペーパーなどでしっかり水気を切ります。
  3. 冷凍用のジップロックなどに入れて保存する。

使う時は自然解凍するだけで皮がするんとむけるので、面倒くさがりさんにも超おすすめです。手がかゆくなるという方にもぴったりな方法です。

c494eaab3f8eaa40cb327e10cf80cce7_s

加熱した状態で冷凍保存する場合

加熱した状態で冷凍保存しておくと冷凍したまますぐに使えるので便利なんです。その方がいい!という方にはこちらの保存方法がオススメです。
  1. 里芋に皮のついた状態で水で洗います。
  2. 耐熱皿に里芋をのせ、レンジで3分から3分半チンしていきます。
  3. レンジから里芋を取り出し、皮を剥いていきます。(すごく熱いので少し冷ましてから剥くと火傷しません。)
  4. 冷めたら、好きな形にカットするか、そのままでジップロックなどに入れて冷凍保存していきます。

これで完璧です!!

軽く火を通しているだけなので調理の際は少し長めに火を入れてくださいね。

続いて、里芋をゆでて冷凍保存する方法をご紹介します。

里芋を茹でて冷凍保存する場合は??

satoimo

こちらも簡単に説明していきますね。

  1. 里芋の皮を剥き、一口大に切ります。
  2. 大き目の鍋に入れて、水と塩を加え火にかけます。沸騰したら弱火にして、10分くらい下茹でします。
  3. 水に浸して粗熱を取ったらザルに空けて水を切ります。
  4. ジップロックなどに入れて冷凍保存します。

使う時は、汁物などでは凍ったまま使用できます。煮物では電子レンジで解凍すると煮崩れしにくくなります。

ここでは3通りのやり方をご紹介しましたが、自分なりにやりやすいやり方を見つけるのも面白いかも知れませんね。

スポンサーリンク

里芋を冷凍保存する時のポイント

里芋を冷凍する時のポイントはありますか?
ちょっとした工夫で快適に調理できるようになりますので下記を参考にしてみてください。

point7

冷凍保存のポイント1

半調理ですので、ヌメリ感を取る程度の茹で時間で十分です。茹ですぎると型崩れしますので注意してください。

冷凍保存のポイント2

一口大に切ったものはジップロックに平らに入れると使う時に小分けで使用できるので、便利です。

関連記事)里芋の皮むきで手がかゆい!これで一発解消

まとめ

3ad039bcd11ab54496fee5df833977fd_s

今回は・・・

  • 里芋は生でも冷凍できる!
  • 里芋を生で冷凍保存する方法
  • 里芋を茹でてから保存する方法
  • 茹でてから冷凍保存をする時はぬめりを取る程度の茹で時間で
  • 冷凍保存する時はジップロックに平らに入れると使いやすい

これらについてご紹介させていただきました。

里芋はカリウムを多く含んでおり、高血圧に効果があります。また、コレステロールの生成を抑制する成分も含まれていておいしいだけじゃなく、健康にもとってもいい食品です。

里芋はどうしても下処理が大変だったり、食べるとかゆくなったりと毛嫌いしてしまう人が多くいますが、栄養要素がたくさん入っていますので、今回の保存方法や下処理方法をぜひ、参考にしていただきまして、積極的に摂取していただければ幸いです。

スポンサーリンク

関連記事はこちら!