夏と聞くと『暑い!』『海水浴!』など、色々連想すると思います。海水浴やバーベキューなど、屋外で楽しむイベントが多いのですが…私は日焼けが嫌なので毎回日焼け止めや帽子、使える時には日傘を使って日焼け対策をします。それでも日焼けをする時はしてしまうのですが…この日焼け、どうしても赤くなってしまうんです。

私も日焼けをすると赤くなっちゃうんだけど…これってどうにかならないのかしら?

日焼けの赤み、気になりますよね。今回はその赤みの理由や対処法などを少しですがご紹介しますよ!

Sponsored Link

日焼けのあと赤くなるのはなぜ?色白だから?

日焼けした後に肌が赤くなる方は色白の方だけではなく、肌が弱い方にも多いです。日焼けというのは、紫外線によって肌の細胞が傷つく事を言います。この紫外線から肌を守るには、メラニンという成分が大事です。

しかし、色白の方や肌が弱い方はメラニンの生成が遅いです。紫外線から肌を守るメラニンが遅く出来るので、その間に日焼けをすると細胞に傷がつきやすくなってしまい赤くなりヒリヒリしてしまうという訳です。日焼け、防止策を取ると赤くならないですよ

日焼けの赤みをとる方法は?対処法大公開!

日焼けの赤みって出来るだけ早くとってしまいたいわ。対処法ってあるのかしら?
はい、ありますよ。即効で効くという訳ではありませんが、対処法があるので参考にしてみて下さい。

mizugi

  • 冷やしたタオル、冷たいシャワーで赤くなっているところを冷やす
  • 化粧水はアルコールが入ってない保湿化粧水やボディ用を使用して
  • 保湿する化粧水の後、乳液で更に保湿。顔なら美白効果のあるフェイスパックを冷蔵庫で冷やして使用するのがオススメ
  • ビタミンCとビタミンEを一緒に接取すると日焼けした肌の回復効果が上がるので食べると良い

肌が紫外線により傷がついているので、擦ったりするのは禁物です。押し当てたり、ゆっくり触ってケアをしましょう。保冷剤やアイスノンも冷やすのに良いですが、一部分しか冷やせないので冷やしたタオルを使う方が良いでしょう。

また、アルコールが入っている化粧水やパックを使用すると肌の乾燥を加速させますのでアルコールが入ってないのを確認してから使用するのをオススメします。化粧水だけでは保湿が少ないので、乳液で更に保湿をするのが効果的です。

Sponsored Link

日焼けしすぎると肌に良くない!将来こんな症状で困ることに!

日焼けをしている方は、日焼けをしていない方よりも健康的に見えますよね。しかし、あまり日焼けし過ぎも良くありません。日焼けをするのが悪い訳ではありませんが、日焼けをし過ぎると皮膚ガンの発症率が上がります

先程紹介した紫外線、この紫外線が皮膚の細胞の遺伝子を変化させます。その遺伝子の変化によってガンの発生率が上がるのです。色白の方や肌が弱い方は、特にメラニン生成が遅いので日焼け対策をしっかり行って日焼けを出来るだけしない事が皮膚ガン防止に繋がります。

他にも、女性には大敵のシミ!このシミも、原因は日焼けによるものです。シミを作らない為には、日焼けのし過ぎは気を付ける必要があります。
こんな天気の日は日焼けをしてしまうので日焼け後のケアはしっかりと

関連記事)

さいごに

  • 肌が赤くなる方はメラニンの生成が遅い色白の方や肌が弱い方に多い
  • 肌が赤くなってしまった時には冷やす事と保湿をすれば赤みが早く引く
  • 食べ物でも日焼けした肌の回復効果がよくなる
  • 日焼けをし過ぎると皮膚ガンの発症率が上がるので要注意

日焼けは真夏だと回避するのが難しいです。また、誘われたり家族サービスで屋外へ出かけると日焼けを覚悟しなければならないでしょう。もし日焼けしてしまったら、しっかりとケアをして早くに赤みを抑える事が大事です。

私も日に焼けてしまったら早くにケアするようにしなくっちゃ!
この記事を参考に、日焼けの赤みが早く治まるようになったら嬉しいです(^▽^)

Sponsored Link

関連記事はこちら!