皆さんは一泊旅行は行きますか?私は一泊旅行にはよく行く方ですが、一泊っていうのは短いですよね。ですのであまりたくさんのものを持ち歩くのは嫌ですよね。

一泊旅行って意外と荷物選びが難しいのよね・・

私はホテルに泊まることが多いんですが、ホテルってタオルなどのアメニティグッズが充実してるんですよね。なので、いつも小さめのバッグで身軽な旅行をしていたのですが、初めて民宿に泊まった時に、ホテルと同じ感覚でタオルなどを持って行かなかったために、タオルをレンタルすることになってしまったことがあります。

なので、同じ1泊旅行でも宿泊先や移動手段によっても荷物の大きさが違ってきます。ですから、一泊旅行でもあらゆるパターンを想定してバッグを選ばなくてはいけません。そんな一泊旅行にぴったりなバッグをご紹介!

一泊だから別にフルセットで持っていく必要もないし、かと言って何かあったら不安だし・・・そんなことを思っているアナタ!これからお話しすることはそんなアナタにぴったりの話題です!

今回のお話しは1泊旅行に最適のバッグのお話しです。男女別のおすすめバッグ、宿泊先や交通手段によるバッグの選び方のポイント、また1泊旅行にはどんなものを持っていけばいいのか、旅行好きな私がご提案します!ではいきます!

Sponsored Link

1泊旅行のバッグ♪メンズのおすすめはコレ!

ではまずはメンズのおすすめバッグを紹介します!

ボストンバッグ チェック柄

口が大きく開いて中が見やすいバッグです。持ち方も手持ちと肩にかける2wayタイプで便利です。出張にも便利です。

9,800円

11957-1700

1泊旅行のバッグ♪レディースのおすすめはコレ!

次はレディースのおすすめバッグです!

レディースボストンバッグ

実はこのバッグ、伸び縮みしますので荷物が多い時も少ない時も快適に使うことができます。柄も世界地図の模様で個性もありますね。

7,980円

w160330n5thumb

ライゼンタールオールラウンダー

ライゼンタールはドイツのブランドです。使い勝手を考えたシンプルなスタイルのバッグです。また柄の種類が豊富なのでお気に入りのバッグを見つけることができるでしょう。

3,980円

rjg00018_001ma

どれも素敵ですね。参考にしたいと思います。

Sponsored Link

1泊旅行のバッグの選び方のポイントは?

 一泊旅行のバッグはどのようにして選べばいいのかしら?
宿泊先や交通手段などによって変わってきます。

宿泊先がホテルの場合

宿泊先がホテルの場合は施設も充実していて、アメニティ類なども豊富なのでもしホテルに備え付けられたアメニティで十分なら特に持っていく必要はありませんので下着類や貴重品など、最低限のものが入るぐらいで問題ありません。

温泉旅館でも最近は設備が充実しているのでホテルと同じような荷物で問題ありません。ですので小さなポケットが付いているボストンバッグで大丈夫でしょう。

宿泊先が民宿の場合

民宿の場合は施設がホテルほどは充実していないため、一泊でもある程度自分で用意する必要があるでしょう。タオルなどを持っていく場合はかさばりますのでホテルでの宿泊よりはやや大きめのバッグが良いでしょう。

交通手段でバッグを選ぶ方法もあります

車で行く場合

車で行く場合は荷物をトランクに乗せた状態で移動できるので持っていきたいものを好きなだけ持っていくことが出来ますね。

ですので貴重品を持っていくポーチを持って宿泊道具は大きめのボストンバッグに入れて旅を満喫するのも良いでしょう。

交通機関を使って行く場合

交通機関を使って行く場合はやはりほかの乗客の方に迷惑にならないように小さめの荷物で移動したいですよね。リュックもいいですが背負っていると意外と邪魔になってしまうので手持ちが出来て肩にかけることも出来る2wayタイプが良いでしょう。

指ポイント4cPoint!

1泊旅行の持ち物リスト

こちらに一泊旅行の持ち物リストを作っおきました!ダウンロードしてプリントアウトしてご自由にお使いください!

これで忘れ物対策はバッチリです!

PDFファイルのダウンロードはこちら→一泊旅行持ち物リスト

まとめ

今回のお話をまとめます。
  • 一泊旅行は最低限の荷物で問題ない
  • 移動手段によってバッグを変える
  • 宿泊先によっても変化する

いかがでしたか?今回は一泊旅行に最適なバッグのご紹介でした。一泊旅行は次の日には自宅にいるわけですからそんな遠方に行くわけでもありませんし、何か足りないものがあったら近くのコンビニやお店で買ってくれば大丈夫です!

一泊旅行なのですから気軽に楽しく旅を満喫しましょう。この記事が参考になれば幸いです。

Sponsored Link

関連記事はこちら