子供の頃、夏祭りの屋台で何味にしようか迷ったかき氷。シャリシャリした氷に甘くてカラフルなシロップがかかると目をキラキラさせて喜んだものです。

ですがこのシロップ、ある噂が囁かれているのをご存じですか?

何やら、かき氷のシロップは同じ味だとか…。本当なんでしょうか??今回はかき氷のシロップについて迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

かき氷のシロップって基本的に同じ味ってホント?

かき氷のシロップが同じ味って本当ですか!?
実はそうなんです。ちょっぴりショックですよね。
でもちゃんとシロップの味を感じて食べていると思うのですが…?
それは脳の錯覚によるもので、見た目と香りによって味を感じているんですよ。詳しく説明しますね。

イチゴやメロン、レモンといった定番のかき氷のシロップはほとんどが無果汁で、糖液に酸味料着色料香料を加えて作られています。酸味料でフルーツらしい酸っぱさを、着色料でフルーツらしい色を、香料でフルーツらしい香りがつけられたものです。このため、味という意味では基本的に同じということになります。kakigori1

ではなぜ違う味だと感じるのかというと、それは脳の錯覚によるものです。脳は食べ物の色や味、匂いの組み合わせを記憶しています。よく匂いを嗅いだだけでその食べ物の色や味を思い出したり、逆に色や味が記憶の中の匂いを感じさせたりしますよね。そのため、色・味・匂いは錯覚を起こしやすく、かき氷のシロップで言えば、その色と香りで味を感じていることになるんですよ。

色と香りで味の違いを感じているんですね!
そうなんです。だから鼻をつまんでかき氷を食べると、シロップの区別がほとんどつかないようですよ。

プリント

シロップの味を支えているのは色と香りなので、極端な話ですが、目隠しをして鼻をつまんで食べると、「氷にガムシロップがかかっている」くらいにしか感じないそうですよ。同じことは市販のフルーツ味のキャンディーにも言えます。 ちょっぴりショッキングな事実ですよね。

でもせっかくの夏の風物詩、割り切って楽しむのもいいんじゃないかなと思います。

スポンサーリンク

イチゴ・メロン・レモンはわかるけど…ブルーハワイって何??

定番のシロップがフルーツに似せて作られているのは分かりました。
じゃあブルーハワイはどうなんですか??
ブルーハワイも人気がありますよね。
こちらも定番シロップと同じ方法で作られています。
そもそもブルーハワイって何に似せて作られているんですか?
気になりますよね。詳しくみていきましょう。

夏の海と空をイメージさせる青色が特徴的ブルーハワイ。こちらは定番シロップのようにフルーツに似せているわけではなく、「ブルーハワイ」というカクテルに由来しています。カクテルに使われるブルーキュラソーというリキュールに似せて作られており、糖液に酸味料と着色料と香料を加えています。kakigori3

記憶した情報を基に脳が錯覚を起こして、味を感じているんでしたよね。
私はブルーハワイは飲んだことはないのですが、その場合、どうやって味を感じているのですか??

それはイメージによるものです。だから人によって味の感じ方が違うんですよ。

かき氷の定番シロップは色と香りから脳が錯覚して味を感じていますが、それに基づくのは以前に食べた記憶によるものです。イチゴやメロンは食べたことがあっても、ブルーハワイを飲んだことがある人は限られてきますね。

ですが、ここが脳のすごいところ。実際に食べたことがない、むしろ存在しないものでも、人はイメージによって味を作り出すことができるようです。

だから人によって感じ方はそれぞれ。ブルーハワイで言えば、“ラムネのような爽やかな味”と感じる人もいれば、“トロピカルでフルーティ”と答える人や、青い食べ物は存在しないので“不思議な味そのもの”と感じる人もいます。面白いですよね!

kakigori2

また、ブルーハワイには厳密な定義がないのでシロップを製造している各社が一番力を入れている味なんだそうですよ。食べ比べをしてみたり、その感想を教えあったりするとブルーハワイをもっと楽しむことができそうですね!

 

関連記事)かき氷の頭痛!治し方は?なぜキーンとなるの?

すべてが同じ味ではない!例外もあります!

かき氷のシロップは基本的に同じ味ですが、もちろん全てではありません。
例外もちゃんとあります!!

イチゴ、メロン、レモンといった定番シロップやブルーハワイは同じ味でしたが、だからといってかき氷に使われるシロップの全てが同じ味ではありません。例外もあります。

  • コーヒー
  • カルピス
  • 宇治金時 など

これらの特殊なシロップは原料にコーヒーやカルピス、抹茶が入っているため、味にしっかり違いがみられます。また、メーカーによっては定番のシロップでも果汁を付加しているものもあるので、その場合は同じ味ではありません。

着色料を天然のものにしたり、氷にかけた際にシロップが沈みにくくなる工夫をしたりと、それぞれのメーカーに特徴があるので、パッケージの成分表示を参考にシロップを選んでみるのもいいですね。

当然のことながら、高級かき氷屋さんではシロップの味は全く違います。

高級かき氷屋さんでは旬のフルーツを使った手作りのシロップや、こだわりの素材を駆使したシロップを出しているので味は全く違います。シロップや使用する氷はもちろん、その氷の削り方までこだわったかき氷はやはり別格のものですね。kakigori4

関連記事)ふわふわかき氷を作ろう♪家庭用3選!誰でもできる!

かき氷のシロップは家でも簡単に手作りできる!簡単レシピは?

かき氷のシロップは手軽におうちで作ることもできますよ!
レシピを紹介しますね!

無添加で安心 いちごシロップ

kakigori6

出典:http://cookpad.com/recipe/566568

材料
  • いちご 1パック
  • グラニュー糖(上白糖でも可) 180g
  • レモン汁 大さじ1
  1. よく洗ったいちごを煮沸消毒した保存ビンに入れ、グラニュー糖・レモン汁を加えて軽くかき混ぜて、蓋をする。
  2. 1日1回程度、出てきたシロップといちごを馴染ませるようにビンを振って砂糖が溶けるようにする。
  3. 冷蔵庫で1週間から10日間前後、砂糖が完全に溶けたら完成。出来上がったシロップは濾して、別の煮沸消毒した保存ビンに移す。

かき氷はもちろんのこと、いちごソーダやいちごクリームに使用してもきれいな赤色が映えるのでおすすめです。冷蔵庫で1カ月は保存できますが、加熱はしていないので早めに消費しましょう。

フルーツはお好みで 手作りシロップ

kakigori7

出典:http://www.recipe-blog.jp/profile/37216/blog/12502202

材料
  • 水 500cc
  • グラニュー糖 150g
  • 好みのフルーツ(今回はキウイ 2個)
  • はちみつ 大さじ1
  • レモン汁 フルーツによって0~小さじ1
  1. 鍋に水とグラニュー糖を入れて火にかけ煮溶かし、5分程煮詰める。
  2. フルーツをフードプロセッサーにかけ(なければ細かく刻んでもOK)、で作ったシロップ1カップとはちみつ(必要な場合はレモン汁も)と混ぜて完成。

キウイの他、バナナやブルーベリー、桃などでも美味しくできるようです。フルーツによって、はちみつやレモン汁の量を調節してお好みのシロップを作りましょう。

最後に

子供の頃に馴染みのあったかき氷のシロップの味が同じだったとは正直驚きました。同じ味なのに見た目と香りによって脳が錯覚を起こすプロセスにもまたまた驚きでしたね。意外なかき氷のシロップについておさらいしましょう。

意外なかき氷シロップの事実
  • 定番のシロップは糖液に、酸味料、着色料、香料が加えられたもので、味という意味ではほとんど同じ。
  • 見た目と香りによって脳が錯覚を起こして、シロップの味を感じさせている。
  • ブルーハワイはカクテルに由来するもの。イメージによって味を感じているため、人によって感じ方が異なることが多い。
  • コーヒーやカルピス、宇治金時などは原料にその味の素材が入っているため、定番シロップの味と同じではない。

 

シロップの意外な事実にはちょっぴりショックもありましたが、せっかくの夏の風物詩、割り切って楽しむのもいいですよね。おうちで簡単にシロップを手作りすることも出来るので、ぜひお好みのシロップでかき氷を満喫してください♪

あんつぶ

 

スポンサーリンク

関連記事はこちら!